座光寺 公明(ざこうじ ひろあき、1958年1月20日 - 1987年1月29日)は、日本の作曲家ピアニスト

略歴編集

東京生まれ、4歳より20歳まで北海道旭川市で育つ。ピアノを4歳から習い始める。小学校の学芸会では、ピアノ演奏や合唱の指揮をしていた。その頃見たテレビ番組『レナード・バーンスタインの世界』に感動し、心の中で指揮者に成ろうと思い始める。北海道旭川東高等学校1年生の春、指揮の勉強をする為に旭川から札幌まで通い、木村雅信に作曲を習い始める。そのうち作曲という創作の魅力に取り付かれて、作曲家に成ろうと決心する。

日本大学芸術学部音楽学科(作曲コース)卒業。同研究所修了。作曲を貴島清彦小倉朗、ピアノを松谷翠星野すみれに師事。日本大学鶴ヶ丘高等学校の講師を務めながら、20代前半より作曲家、ピアニストとして活発な活動を始め、1982年東京・新和楽コンソートを結成。『日本の作曲家 I ・松村禎三』、『日本の作曲家 II ・小倉朗』、『日本の作曲家 III ・間宮芳生』、『20世紀の音楽 I・II・III・IV』、『座光寺公明作品展 I・II・III』等を催す。

1984年に渡欧し、バーゼル八村義夫の『ピアノの為のインプロヴィゼーション』などを含めた日本の現代作品を演奏。自作『無伴奏チェロのための変奏曲』(Op.16)を発表。1985年5月、ISCMバーゼル支部の招待で再び渡欧し、演奏会に参加。『ピアノ曲・I』(Op.28)を初演。1986年5月には再びスイスに渡り、アーレスハイムで演奏会に参加。『ピアノ曲・III』(Op.36)を初演。その後スペイン、デンマーク現代音楽祭を訪れ、音楽雑誌「音楽芸術」1986年9月号に記事を執筆。デンマークからノルウェーに渡り、ベルゲンエドヴァルド・グリーグの家を見学。 同年6月、第2回世界仏教音楽祭に『CONTINUUM』(OP.18)が入選、初演される。同年8月8日『2台のピアノの夕べ』で、同窓の小林隆一と共に自作『Morphology』(Op.38)を始め、吉松隆の『ランダムバード変奏曲』、高橋悠治の『オフェーリアの歌』、小倉朗の『舞踏組曲』などを演奏する。同年8月、ラジオ・スペイン(マドリード)で『コンポジション・II「瞑」』(Op.11)、『コンポジション・III「気」』 (Op.13)が放送される。そしてその活躍が注目され出した矢先の翌年、1987年1月29日に急性心不全で夭逝した。結婚してからわずか10カ月後のことであった。

座光寺はわずか29年と9日の余りにも短い生涯で、40近い作品を残した多作家であった。彼の作品(楽譜)はすべて日本近代音楽館に保管されている。

調性的な語法の復興にも熱心であったが、ギター・ソロのための『モノ・モルフォロジー・II』(Op.27)(日本作曲家協議会・出版番号:JFC-8706)では比較的無調的なパッセージの手探りから強い緊張力を生み出そうとしている。

1992年4月23日、26日、30日、5月3日に催されたスペイン、バルセロナのTeatre Lliureでのコンサート“ORIENT - OCCIDENT”で、武満徹尹伊桑の作品と共に『室内チェロ協奏曲』(Op.29-a)が演奏された。

2006年2月25日、「日本の作曲・21世紀へのあゆみ」シリーズ第3期(1976年 - 2000年)II、「第34回 室内楽の諸相III」で、『フルートとピアノの為のモノディア』(Op.31) が演奏された。

2008年1月、作品番号の付いていない10代の時に書かれた習作、Scherzo、 Andante 1、 Adagio などがスペインの作曲家Llibert López Pascual によって録音され、15歳の時に書かれた作品 Scherzo(1973年) は2月にイタリア(フェルモ)でラジオ放送された。

夫人は現在ロンドンに居を構えており、公式サイトを運営している(外部リンク参照)。

人物編集

気候の厳しい北海道で育った為、我慢強い粘りの有る性格。スポーツ万能。中でもスキーは全日本スキー連盟1級から更に準指導員の資格を取得し、大学2年生の時より6年間、日本大学芸術学部体育科スキー教室と、美ヶ原スキー教室のスキーインストラクターを勤める。性格は一人の人間の中に相反する2つの性格が共存。タフで骨太であると同時に、非常に繊細な感受性を持つ。内向的であると同時に外向的。多くの作品にも反映されているように『死』というテーマや仏教に興味を持ち、非常に沈思的、瞑想的である一方、明るく冗談好きで、余興『花火』という踊りを披露しては人を爆笑させていた。海外に発表の場を求めインターナショナルであると同時に、雅楽を学び、『古事記』、『日本書紀』を愛読するナショナリスト。音楽的に非常に早熟で20代で40代や50代の作曲家と対等に話をする一方、子供のように純粋、至純だった。好きな色は黒。好きな食べ物は蕎麦。好きな町は鎌倉。師匠の小倉朗鎌倉山蕎麦どころ『らい亭』をよく訪れていた。無類の読書家。好きな作家は芥川龍之介。オペラ『蜘蛛の糸』を構想中に亡くなった。非常に几帳面で、残された作品は死がいつ訪れてもいいように、実に整然と整理されていた。

主要作品編集

管弦楽曲編集

  • 弦楽のための小交響曲(9人の弦楽器奏者のための音楽) Op.3(1979年) (ヴィヴァルデイ作品コンクール佳作)
  • オーケストラのための「変換」 Op.7(1980年)
  • オーケストラのための「メタ・ポリフォニー」 Op.10(1981年)
  • オーケストラのための「縛られた時」 Op.32(1986年、未完成)
  • Time-Space Continuum Op.18(Orch)(1982年)(1986年、第2回世界仏教音楽コンクール入選)

協奏曲編集

  • ピアノ協奏曲 Op.21(1983年)
  • 室内チェロ協奏曲(管楽オーケストラ版) Op.29-a(1985年)
  • 室内チェロ協奏曲(二管編成オーケストラ版) Op.29-b(1985年、未完成)

室内楽曲編集

  • フルートとピアノのためのソナタ Op.2(1979年、未完成)
  • 「天宇受女(アメノウズメ)」(ソプラノ、ピアノ、打楽器3、7管楽器) Op.4(1980年)
  • 室内交響曲 Op.5(1980年)
  • コンポジション・I「沈黙の中より」 Op.8(フルート、ヴァイオリン、ピアノ)(1981年)
  • 弦楽四重奏曲 Op.9(1981年、後に破棄、スコア及びパート譜あり)
  • 弦楽四重奏曲 Op.12-a(1981年)
  • 弦楽四重奏のための前奏曲とフーガ Op.12-b(1981年)
  • コンポジション・III「気」(尺八・箏) Op.13(1981年)
  • 2台のマリンバのための「時の中の時」 Op.17(1982年)
  • 弦楽合奏のための前奏曲 - 亡き人のために - Op.20(1982年)
  • ピアノ三重奏曲「トライヘデゥルム」 Op.23(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)(1983年)
  • 五重奏曲 Op.24(フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)(1983年)
  • コンポジション・V「異質同像」 Op.26(フルート、ハープ)(1983年)
  • Monodia Op.31(フルート、ピアノ)(1985年)
  • 組曲 - 古楽器のための - Op.34(1986年)
  • コンポジション・VI(尺八・箏・ピアノ) Op.37(1986年)
  • Morphology - 2台のピアノのための - Op.38(1986年)

独奏曲編集

  • コンポジション・II「瞑」 Op.11(尺八版/フルート版)(1981年)
  • コンポジション・IV「神聖な舞」 Op.14(打楽器独奏)(1982年)
  • 無伴奏チェロのための変奏曲 Op.16(1982年)
  • Mono-morphology I「巫呪」 Op.22(フルート・ソロ)(1983年)
  • Mono-morphology II Op.27(ギター・ソロ)(1983年)
  • ピアノ曲・I Op.28(1984年)
  • ピアノ曲・II Op.30(1985年)
  • 「綾」- 独奏箏のための - Op.35(1986年)
  • Mono-morphology III Op.33(オーボエ・ソロ)(1986年、いくつかの版がある)
  • ピアノ曲・III Op.36(1986年)

独唱曲編集

  • 中原中也の詩による三つの歌曲 Op.1(ソプラノ、ピアノ)(1978年、未完成?)
  • 「死と微笑」(詩:大岡信) Op.6(バリトン、ピアノ)(1980年)
  • 軽太子の唱える二つの歌 Op.15(テノール、ピアノ)(1982年)
  • 「死の淵より」(詩:高見順) Op.19(声、ピアノ)(1982年)

合唱曲編集

  • 「死者の魂/祭礼」 Op.25(オーケストラ、合唱)(1983年、未完成)
  • 合唱のためのインベンション(1985年)(不明)

著作編集

  • 日本音楽の研究並びに自己作品への折衷(1984年) 日本近代音楽館蔵

テープ編集

  • 対談『小倉朗に聞く』(1983年11月6日) 日本近代音楽館蔵
  • 対談『間宮芳生に聞く』(1986年9月16日) 日本近代音楽館蔵

外部リンク編集