メインメニューを開く

座頭市二段斬り』(ざとういちにだんきり)は、1965年日本映画勝新太郎の代表作、座頭市シリーズの第十作。

座頭市二段斬り
監督 井上昭
脚本 犬塚稔
原作 子母沢寛
出演者 勝新太郎
坪内ミキ子
三木のり平
音楽 伊福部昭
撮影 森田富士郎
配給 大映
公開 日本の旗 1965年4月3日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 座頭市関所破り
次作 座頭市逆手斬り
テンプレートを表示

あらすじ編集

旅の途中で按摩業の師が住む町に立ち寄った市だったが、師は何者かに殺され、その娘は女郎屋に拘束されていた。しかも町では欲深い郡代と悪辣なヤクザが結託して民百姓を苦しめていた。市の怒りの居合い抜きが炸裂する。

スタッフ編集

出演者編集

関連項目編集

外部リンク編集