メインメニューを開く

座頭市千両首』(ざとういちせんりょうくび)は、1964年日本映画勝新太郎の代表作、座頭市シリーズの第六作。 第二作『続・座頭市物語』から2年・4作ぶりに、勝と、その兄である城健三朗=若山富三郎との共演作品となっている。

座頭市千両首
監督 池広一夫
脚本 浅井昭三郎
太田昭和
原作 子母沢寛
出演者 勝新太郎
城健三朗
島田正吾
音楽 斎藤一郎
撮影 宮川一夫
配給 大映
公開 日本の旗 1964年3月14日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 座頭市喧嘩旅
次作 座頭市あばれ凧
テンプレートを表示

あらすじ編集

三年前、心ならずも斬った吉蔵という男の墓参りに、市は上州板倉村へとやってきた。祝いの真っ最中だった村人に聞くと、三年続きの凶作からやっとのことで捻出した上納金・千両が工面できたと言う。 市も村人と共に宴に参加させてもらった。

翌朝、上納金を護送する農民達が峠に差し掛かった時、三人の浪人とやくざ者たちが前後から襲ってきた。乱闘の中、上納金の入った千両箱は崖を転げ落ち、たまたま通りかかった市が千両箱とは知らずに腰掛ける。崖を下ってきたやくざ者達は市を襲うがすぐさま斬られ、何人かは逃げていった。事情を知らぬ市が去った後、千両箱は浪人たちが持ち去った。

村に逃げ帰った農民達は、襲ってきたやくざ者から国定忠治一家の仕業と疑い、市もその仲間と決め付け戻ってきた市を激しく詰った。忠治の無実を信じる市は農民達を何とか説得し、忠治の篭る赤城山へと一人向かう。

あちこちに張り巡らされた鳴子を避けて市がたどり着いた忠治一家はすでに追い詰められており、忠治自身も憔悴しきっている。農民達を襲ったやくざ者はやはり忠治の子分であったが、忠治はあずかり知らぬ事であり子分達が忠治の窮地を慮っての勝手の行動であったことも分かった。しかしながら千両箱は持ち去っていないと泣きながら白状する子分たちを、忠治は縁を切ることで市に詫びる。

捕吏の迫る赤城山から逃れることを決めた忠治一家から少年・勘太郎を預かった市は、忠治と別れの水盃を交わし囮となって山を下った。

勘太郎を預けるため伊勢崎の安右衛門のもとを訪れた市は、忠治を捕らえようとしていた役人の手先となっている百々村のやくざ・紋次の存在を知る。 やくざ者でありながら十手を預かるという二束の草鞋を履く行為を嫌う市は紋次の賭場へと向かった。

紋次の賭場で荒稼ぎする市の前に凄腕の浪人・仙場十四郎が現れ、居合い斬りの勝負を挑んできた。 宙に投げられた一文銭を斬る神業で勝負に勝った市は客人として迎えられる。

紋次に雇われている二人の浪人は十四郎ばかりが厚遇を受けていることに不満を募らせていたが、その愚痴を聞いていた市に全てを吐かされた。 上納金強奪は代官・松井軍太夫の指図であったことを知った市は翌朝代官所を訪れたが、十四郎によってその場は引き取らざるを得なかった。

板倉村へ戻った市は、更なる上納金を納めるよう強要された農民達を代表し強訴に及んだ庄屋・清右衛門が明朝処刑されることを聞く。

翌未明、囚人籠に乗せられ護送される清右衛門を救い出した市はそのまま代官所へと向かう。 代官所では代官・松井と紋次、十四郎が仲間割れをおこし、紋次は代官に殺され代官は市に斬られた。 奪われた千両箱を村へ持ち帰ろうとする市を呼び止めた十四郎は、金には興味はなくただ市を斬りたいだけと告げ勝負を約束して市を逃がした。

取り返された庄屋と千両箱に農民達が沸き返る中、一人市は十四郎との勝負に向かう。

スタッフ編集

出演者編集

関連項目編集

外部リンク編集