メインメニューを開く

座頭市関所破り』(ざとういちせきしょやぶり)は、1964年日本映画勝新太郎の代表作、座頭市シリーズの第九作。

座頭市関所破り
監督 安田公義
脚本 浅井昭三郎
原作 子母沢寛
出演者 勝新太郎
平幹二朗
高田美和
音楽 小杉太一郎
撮影 本多省三
配給 大映
公開 日本の旗 1964年12月30日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 座頭市血笑旅
次作 座頭市二段斬り
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

妙義山のご来光を拝むための町を訪れた市だったが、そこでは悪代官と結託した貸元百姓を苦しめるだけでなく、町を訪れた香具師旅芸人にも法外なショバ代を要求するのだった。市の怒りの居合いが炸裂する。

スタッフ編集

出演者編集

関連項目編集