康全寺

日本の愛知県西尾市にある寺院

康全寺(こうぜんじ)は、愛知県西尾市満全町36にある曹洞宗寺院。山号は西尾山。三河三十三観音第31番札所。

康全寺
Nishio city Kozen-ji ac (2).jpg
所在地 愛知県西尾市満全町36
位置 北緯34度52分08.5秒 東経137度03分15.8秒 / 北緯34.869028度 東経137.054389度 / 34.869028; 137.054389座標: 北緯34度52分08.5秒 東経137度03分15.8秒 / 北緯34.869028度 東経137.054389度 / 34.869028; 137.054389
山号 西尾山
宗旨 曹洞宗
本尊 大日如来坐像
創建年 応永5年(1398年
札所等 三河三十三観音(第31番)
法人番号 8180305007095 ウィキデータを編集
康全寺の位置(愛知県内)
康全寺
テンプレートを表示
山門

歴史編集

応永5年(1398年)、西尾城の御剣八幡宮近くにあった八幡六坊の釈迦堂と大日堂を移し、吉良山満全寺として創建された。徳川家康が村巡検で西尾を訪れた際に康全寺に宿泊したことで、家康から一字を賜って西尾山康全寺に改称した。

2019年令和元年)11月には道路に面した堂で地蔵の前掛けや座布団が焦げるボヤがあった[1]2020年(令和2年)4月にはこの堂が不審火で全焼する火災があった[1]

文化財編集

市指定文化財編集

  • 康全寺の梵鐘(工芸)
    • 高さ:105.0cm、竜頭高:20.5cm、口径:54.0cm。室町時代初期[2]
  • 魚鼓(工芸)
  • 木造大日如来坐像(彫刻)
  • 木造釈迦如来坐像(彫刻)
  • 仏涅槃図(絵画)
    • 縦:151.0cm、横:127.0cm。南北朝時代[6]

現地情報編集

所在地
アクセス

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集