康耀堂美術館(こうようどうびじゅつかん)は、長野県茅野市豊平にある美術館。正式名称は京都造形芸術大学附属康耀堂美術館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 京都造形芸術大学
附属康耀堂美術館
施設情報
正式名称 京都造形芸術大学附属 康耀堂美術館
専門分野 美術館
開館 2001年
所在地 391-0115
長野県茅野市豊平4734番地215
位置 北緯35度58分5秒 東経138度16分36.6秒 / 北緯35.96806度 東経138.276833度 / 35.96806; 138.276833座標: 北緯35度58分5秒 東経138度16分36.6秒 / 北緯35.96806度 東経138.276833度 / 35.96806; 138.276833
アクセス 中央自動車道諏訪インターチェンジから国道20号諏訪バイパス経由、新井交差点を左折し、国道299号メルヘン街道」経由
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

2001年7月に佐鳥電機株式会社前会長佐鳥康郎の個人美術館である「康耀堂美術館」として開館。2005年以降は京都造形芸術大学が運営を引き継ぎ、現在の名称に改められ、千住博が館長となる。近代近現代の日本画・油画・水彩画・版画など400点あまりを収蔵し、年3〜4回のコレクション展を開催している。茅野市尖石縄文考古館に隣接している。

代表的な作品に高山辰雄の「赤い服の少女」、「梅薫る夕べ」、田村一男の「たてしな山」、横山大観の「船出」、荻太郎「帽子の女」などがある。

主な所蔵作家編集

利用情報編集

  • 開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
  • 毎週月曜日に加え『第4火曜日』も休館。(12月から4月の間冬季休館)

参考文献編集

外部リンク編集