康資王(やすすけおう、長久2年(1041年)?[1] - 寛治4年9月20日1090年10月15日))は、平安時代中期から後期にかけての皇族花山天皇の曾孫。神祇伯延信王の子。官位従四位上神祇伯

康資王
(やすすけおう)
続柄 延信王(源延信)王子

全名 康資(やすすけ)
身位 従四位上
敬称 殿下
出生 長久2年(1041年)?
日本の旗 日本山城国
死去 寛治4年9月20日1090年10月15日
日本の旗 日本・山城国
配偶者 藤原隆方の娘
  不詳
子女 源顕康
顕資王
源仁子
父親 源延信
母親 四条宮筑前(高階成順(乗蓮)の
役職 神祇伯
テンプレートを表示

経歴編集

花山天皇曾孫にあたる三世の臣下として生まれる。しかし、後冷泉朝天喜4年(1056年)既に薨去していた祖父清仁親王の子に擬せられて、二世王待遇の蔭位により従四位下に直叙される。天喜6年(1058年右京権大夫に任ぜられると、康平2年(1059年神祇伯に遷った。

堀河朝寛治4年(1090年)9月20日卒去享年50。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『顕広王記』安元2年(1176年)12月5日条(赤坂[2015: 37])
  2. ^ a b 『賜姓例並褰帳女王之事』賜姓例「康資王」
  3. ^ a b 『諸家系図纂』
  4. ^ 『尊卑分脈』
  5. ^ 『天祚礼祀職掌録』

参考文献編集

  • 『尊卑分脈 第三篇』(吉川弘文館、1987年(昭和62年))
  • 赤坂恒明「冷泉源氏・花山王氏考:伯家成立前史」『埼玉学園大学紀要 人間学部篇 15』(埼玉学園大学、2015年(平成27年))