(よう)は、中国の西周から春秋時代にかけて存在した諸侯国の一つである。

周代諸侯国
国姓 不詳
爵位 不詳(伯爵?)
国都 上庸湖北省十堰市竹山県
分封者 不詳
始祖 不詳
存在時期 不詳 - 前611年
滅亡原因 楚と秦と巴が占領
テンプレートを表示

現在の陝西省湖北省にまたがる小国であったが、と共同した荘王の攻撃により、激しく抗戦するも紀元前611年に滅亡した。

この際、荘王は、庸の将士の撤退を許し、その結果、落城に際してある者は落ち延び、ある者は最期の戦いを挑んで陣没したという。

後に中国史に知られる上庸は、この国に由来する。