メインメニューを開く

廖 化(りょう か、? - 264年)は、中国後漢末期から三国時代の軍人。蜀漢に仕えた。元倹荊州襄陽郡中廬県の人。元の名は

廖化
許昌関帝廟の廖化像
許昌関帝廟の廖化像
蜀漢
中郷侯・右車騎将軍
出生 生年不明
荊州襄陽郡中廬県
死去 咸熙元年(264年
拼音 Liào Huà
元倹
別名 本名:廖淳
主君 劉備劉禅
テンプレートを表示

目次

生涯編集

事跡編集

正史で初めて名が挙がるのは、荊州にて関羽の主簿を務めていた頃である。荊州攻防で関羽が孫権軍の呂蒙に敗れると投降したが、 劉備の下に戻りたい一心で自分が死んだという虚言を流し、老母を連れて脱出した。222年征伐に出ていた劉備と出会い帰参を果たし、そのまま東征(夷陵の戦い)に参加した[1]

劉備が崩御すると諸葛亮の参軍となり、のちに督広武に任じられた[1]蒋琬は諸葛亮から茂才に推挙されると、固辞して廖化らに譲っている[2]

後に廖化は陰平太守となり、238年9月、の守善羌侯である宕蕈の陣営を攻撃した。魏の郭淮は広魏太守王贇・南安太守游奕に軍勢を預け、山の東西から廖化を挟み撃ちさせた。軍勢の分散を懸念した魏の曹叡(明帝)は「別働隊のうち必要でない者は引き揚げて要地を守らせよ」と勅命を下したが、詔勅が届かぬうちに游奕軍は廖化に打ち破られ、王贇は流れ矢に当たって死んだ[3]

248年姜維北伐を行なって西方へ向かい、魏に反乱を起こした族の治無戴を出迎えた。また、廖化は成重山に留まって城を築き、羌族たちから人質を取り立てた。郭淮は諸将の反対を押し切って軍勢を二手に分け、夏侯覇には沓中へ姜維を追わせ、自分は諸軍を率いて廖化を攻撃した。このため姜維は引き返して廖化を救援することになり、北征は未遂に終わった[4]。 一方、郭淮に破られた治無戴らを迎え入れ、益州へ移住させることには成功した。

249年秋、姜維はまた北方へ進出したが郭淮に阻まれ撤退した。廖化は、郭淮が勝利に乗じて羌族を攻撃するため西方へ出かけた隙を突き、三日後に軍を返して白水の南岸に布陣し、鄧艾と対峙した。廖化が鄧艾を釘付けにし、姜維が東進して洮城を奪取する計画であったが、鄧艾に見抜かれた。姜維が洮城に着いた頃には、既に鄧艾が引き返して楯籠っていた[5]

廖化は次第に昇進し、右車騎将軍・仮節・領并州刺史となり、中郷侯に封ぜられた。(おそらく張翼と同様259年のことか)果断激烈をもって称えられ、官位は張翼と同等で宗預の上であった[1]。 廖化が張翼とともに大将となったとき、人々は「前に王平句扶あり、後に張翼・廖化あり」と語り合った[6]

諸葛瞻が朝政を統括するようになると、廖化は宗預の屋敷を訪ね、諸葛瞻に挨拶をしに行こうと誘ったが「吾らが七十歳を越えて望むことは、一日でも死を遅らせることのみ。年少の輩に何を望み、せこせこと訪問せねばならんのだ」と断られている[7]

262年、姜維が軍勢を率いて狄道に進出した際、廖化は「戦いはやめなければ必ず我が身を焼くことになる(『左伝』)。それは伯約(姜維)のことだ。智略は敵に勝らず、力量も賊に劣っているのだから、それを飽くまで仕掛け続けたとしても、どうやって成功させられようか。『詩経』に、我より先んじず我より後れず、ということがある。これは正に今日のことだ」と姜維を批判した[8]

263年、魏が攻めてきた時、姜維・張翼と共に剣閣を守備し最後まで鍾会軍に抵抗したが、先に成都が陥落したため降伏した(蜀漢の滅亡[9]。264年、洛陽に連行される途上で病死した[1]。宗預との会話を見るに、没年齢は70歳代だった様である。

改名の時期編集

いつ改名したかについて、『三国志』では明確には書かれていない。 呉書陸遜伝には黄武元年(222年)、蜀書蒋琬伝では建興元年(223年)の記事に廖淳の名前があり、また魏書明帝紀注の景初二年(238年)九月の記事においては廖惇と記されている。 廖化としての初出は「魏書郭淮伝」の正始九年(248年)である。

物語中の廖化編集

小説『三国志演義』では黄巾賊の残党ながら、仲間の杜遠が拉致してきた劉備の妻妾に無礼を働いたため、 首を斬って関羽に差し出す。 その際、賊出身の人物を家来にすることを嫌った関羽に拒絶されている。劉備が荊州を手中にした頃に物語へ復帰し、関羽の主簿(幕僚長)となる。 関羽が呂蒙に攻められ麦城へ逃げ込んだ時、上庸の劉封孟達へ援軍を求めに走ったが、要請を拒否されて成都に走っている。関羽死後に劉封らの処罰を劉備に訴え、これが孟達の脱走と劉封の処刑につながっている。

北伐の際には、諸葛亮指揮下の将として活躍する。あるとき、諸葛亮の策により魏の司馬懿を追い詰めるが、司馬懿がわざと逃げ道の別方向に兜を落としたのを真に受け、誤った方向を追ったために後一歩の所で取り逃してしまう。諸葛亮は廖化の戦功を評価したものの、もし関羽なら司馬懿を捕らえることが出来ただろうと、思い耽ることになる[10]。最期は正史と同様である。

『演義』では、特に老将としての描写はないものの、物語の設定都合で、黄巾の乱から蜀漢滅亡まで80年余の間、戦乱を生き抜いたことになっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『三国志』宗預伝付廖化伝
  2. ^ 『三国志』蒋琬伝
  3. ^ 『三国志』明帝紀
  4. ^ 『三国志』郭淮伝
  5. ^ 『三国志』鄧艾伝
  6. ^ 華陽国志』劉後主志
  7. ^ 『三国志』宗預伝
  8. ^ 『三国志』宗預伝付廖化伝注『漢晋春秋』
  9. ^ 『三国志』姜維伝
  10. ^ この逸話を受けて、中国では人材に乏しい状況を嘆く意で「蜀中に大将なし。廖化を先鋒にする(蜀中無大将、廖化作先鋒)」という諺がある。

参考文献編集

巻3 魏書3 明帝紀、巻26 魏書26 郭淮伝、巻28 魏書28 鄧艾鍾会伝
巻33 蜀書3 後主伝、巻44 蜀書14 蒋琬姜維伝、巻45 蜀書15 宗預伝(付・廖化伝)
巻58 呉書13 陸遜伝

巻7 劉後主志