廣谷昌子

廣谷昌子(ひろたに まさこ)は、日本言語学者。専門は、心理言語学神経言語学(主に、文処理、言語)。カールトン大学准教授言語学認知科学[1]Ph.D.マサチューセッツ大学、2005年)[1][2]

人物編集

上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)卒業。東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修士課程修了。マサチューセッツ大学アマースト校博士号を取得。マックス・プランク研究所(マックス・プランク認知神経科学研究所)ポストドクトラル・フェロー[1]を経て、2007年よりカールトン大学に勤務。

脚注編集

参考文献編集