延宝石見地震
本震
発生日 1676年7月12日(延宝4年6月2日)
震央 石見(現:島根県)
規模    M6.5程度
被害
死傷者数 死者7人・負傷者35人
被害地域 山陰地方
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

延宝石見地震(えんぽういわみじしん)とは、1676年7月12日延宝4年6月2日)に、日本山陰地方で発生した地震である。

震央石見(現:島根県)であり、地震の規模は、M6.5程度と推定されている。[1]

被害編集

地震により、133もの家屋が倒壊し、7人が死亡、35人が負傷したという。津和野城では、石垣やなどに被害が出た。[2]

関連項目編集

周辺で発生した主な地震

万寿地震

浜田地震

島根県東部地震

島根県西部地震

脚注編集

  1. ^ 島根県の被害地震”. 2019年7月30日閲覧。
  2. ^ 島根県の被害地震”. 2019年7月30日閲覧。