メインメニューを開く

延岡西日本マラソン(のべおかにしにっぽんマラソン)は、日本の宮崎県延岡市をスタート及びゴール地点とし、日向市を折り返し地点とする42.195kmのコースで行われるフルマラソン大会。

延岡西日本マラソン
Nobeoka Nishinippon Marathon 2011 01.JPG
競技風景(2011年)
開催時期 2月
開催地 日本の旗 日本延岡市
コース ロードコース
距離 マラソン
主要スポンサー 旭化成
創立 1963年

目次

大会の概要と変遷編集

福岡国際マラソン(五輪代表選考格)、別府大分毎日マラソン(世界陸上代表選考格)に次ぐ、日本陸上競技連盟公認の九州3マラソン大会のひとつ。ローカルマラソンの扱いであるが、防府読売マラソンとともに新人の登竜門的大会となっている。1963年に第1回が開催された。参加は陸連登録者に限られており、いわゆる市民マラソンではない。2015年に初めて女子の部が開催された。

防府読売が当時地元に拠点を構えていたカネボウ陸上部の強化支援が目的だったように、この大会は延岡発祥の旭化成陸上部を支援するのが目的のひとつであった。事実、世界に飛び出した旭化成のランナーたちのほとんどが、この延岡でマラソンデビューしている。

宮崎県知事を1期務めたそのまんま東こと東国原英夫はマラソン愛好家でもあったため、就任後テレビ宮崎が2008年に生中継転換した際に翌年と併せゲスト出演。退任前年の2010年には県職員と共に参加し、3時間23分45秒(270位)で完走した。

関係諸団体編集

主催
九州陸上競技協会・延岡市・延岡市教育委員会・延岡市体育協会・テレビ宮崎
後援
  • 宮崎県・宮崎県体育協会・日向市・門川町・みやざき観光コンベンション協会・アスリートタウンのべおか・中継をネットするFNS九州各局・宮崎県教育委員会・西日本新聞社
主管
宮崎陸上競技協会
協力
宮崎県警察延岡警察署日向警察署)・陸上自衛隊第43普通科連隊など
特別協賛
旭化成 〔2014年(第52回)より〕
過去
  • NEC 〔2008年(第46回)~2013年(第51回)〕
  • 富士通 〔1963年(第1回)~2007年(第45回)〕

参加資格編集

日本陸上競技連盟に登録している、大会当日に満年齢18歳以上の者。

コース編集

延岡市役所前をスタートし国道10号線(旧道含む)を南下、日向市原町を折り返し、再び北上、延岡市役所がゴールとなる。

  • スタート - 延岡市役所
  • 5km - 延岡市平原町
  • 10km - 延岡市土々呂町
  • 15km - 門川町尾末
  • 20km - 日向市日知屋
  • 折り返し - 日向市原町
  • 25km - 日向市細島港入口
  • 30km - 門川町加草
  • 35km - 延岡市松原町
  • 40km - 延岡市伊達町
  • ゴール - 延岡市役所

歴代優勝者編集

国籍・所属は当時。所謂「ステップレース」の位置づけのため56回を通して3度優勝した選手は存在しない。連覇達成も難しく、「ホストチーム」旭化成の選手が連覇を達成したのは55回目の松尾が初めてだった。

男子編集

日時 優勝者名 所属 タイム 備考
1 1963年3月24日 重松森雄 福岡大学 2時間20分56秒
2 1963年12月1日 廣島日出国 旭化成 2時間20分46秒
3 1965年3月21日 原西正直 旭化成 2時間19分21秒
4 1966年3月21日 采谷義秋 日本体育大学 2時間21分58秒
5 1967年3月21日 南三男 自衛隊 2時間15分55秒
6 1968年3月24日 吉田昭雄 黒崎窒業 2時間19分37秒
7 1969年3月23日 吉田昭雄[2] 黒崎窒業 2時間20分03秒
8 1970年3月22日 平井勝昭 黒崎窒業 2時間17分47秒
9 1971年2月28日 中条幸男 旭化成 2時間21分02秒
10 1972年3月5日 高田信義 旭化成 2時間22分34秒
11 1973年3月4日 宗茂 旭化成 2時間17分28秒 宗猛が2位
12 1974年3月17日 佐藤克典 自衛隊 2時間22分13秒
13 1975年3月16日 高田信義[2] 旭化成 2時間23分42秒
14 1976年3月7日 高橋統一 豊後高田市体協 2時間25分19秒
15 1977年3月13日 阿部光幸 鳴門市役所 2時間17分23秒
16 1978年3月12日 鞭馬講二 熊農高教員 2時間18分15秒
17 1979年3月4日 弓削裕 旭化成 2時間18分16秒
18 1980年3月9日 鞭馬講二[2] 熊農高教員 2時間21分16秒
19 1981年3月8日 後藤徳雄 旭化成 2時間19分32秒
20 1982年3月14日 野田浩 旭化成 2時間18分42秒
21 1983年3月13日 小野明 吉川工業 2時間19分37秒
22 1984年3月11日 橋口良登 旭化成 2時間22分31秒
23 1985年3月10日 春松千秋 池田製菓 2時間17分29秒
24 1986年3月9日 春松千秋[2] 池田製菓 2時間21分54秒
25 1987年3月8日 佐藤親彦 天草陸協 2時間20分57秒
26 1988年3月8日 今村行夫 池田製菓 2時間17分21秒
27 1989年3月5日 高橋浩一 旭化成 2時間18分15秒
28 1990年3月4日 橋口良登[2] 旭化成 2時間19分18秒
29 1991年3月3日 川嶋伸次 旭化成 2時間17分58秒
30 1992年3月1日 楠下和明 九州産交 2時間17分37秒
31 1993年2月28日 西政幸 旭化成 2時間17分01秒
32 1994年2月20日 岡本佳久 旭化成 2時間15分46秒
33 1995年2月19日 森下由輝 旭化成 2時間14分44秒
34 1996年2月18日 小島宗幸 旭化成 2時間17分09秒
35 1997年2月16日 中川文雄 九州柳河精機 2時間18分07秒
36 1998年3月1日 西澤誠 旭化成 2時間15分17秒
37 1999年2月28日 小林誠治 三菱重工長崎 2時間14分45秒
38 2000年2月27日 小倉幸康 鐘紡 2時間21分16秒
39 2001年2月25日 岡本佳久[2] 旭化成 2時間13分11秒
40 2002年2月24日 酒見晃 九電工 2時間14分40秒
41 2003年2月23日 佐藤智之 旭化成 2時間13分02秒
42 2004年2月21日 國武良真 九電工 2時間12分24秒
43 2005年2月20日 福永晃大 トヨタ自動車九州 2時間13分09秒
44 2006年2月19日 鷲尾優一 三菱重工長崎 2時間11分05秒 大会記録
45 2007年2月18日 立石慎士 安川電機 2時間15分48秒
46 2008年2月24日 清水将也 旭化成 2時間13分07秒
47 2009年2月15日 前田和之 コニカミノルタ 2時間13分55秒
48 2010年2月14日 下重正樹 2時間12分18秒
49 2011年2月13日 竹内健二 トヨタ自動車九州 2時間12分44秒
50 2012年2月12日 石田和也 西鉄 2時間11分57秒
51 2013年2月10日 佐野広明 Honda 2時間12分14秒
52 2014年2月9日 外丸和輝 トヨタ自動車 2時間11分43秒
53 2015年2月8日 北島寿典 安川電機 2時間12分28秒
54 2016年2月14日 松尾良一 旭化成 2時間15分09秒
55 2017年2月12日 松尾良一[2] 旭化成 2時間13分36秒 旭化成所属選手として初の連覇達成
56 2018年2月11日 山﨑翔太[1] ヤクルト 2時間12分15秒 初マラソンで初制覇。松尾の3連覇を阻む
57 2019年2月10日 須河宏紀[2] サンベルクス 2時間11分45秒

女子編集

日時 優勝者名 所属 タイム 備考
53 2015年2月8日 箱山侑香 ワコール 2時間39分34秒 女子の部初開催
54 2016年2月14日 外間美里 スターツ 2時間54分57秒
55 2017年2月12日 佐藤紀子 ファーストドリームAC 2時間51分11秒
56 2018年2月11日 佐藤紀子[2] ファーストドリームAC 2時間56分40秒 女子初の連覇
57 2019年2月10日 須河沙央理[2] オトバンク 2時間44分40秒 大会史上初の兄妹同時優勝[2]

テレビ中継編集

地元テレビ局のテレビ宮崎が大会の模様を収録し、当日の夜中に編集したものを流すやり方が長年採られていた。これは、かつて同じ日に横浜国際女子駅伝が行われ(2009年に大会は終了)、2002年まで同時ネットしていたという事情がある。

しかし、中継機材のデジタル化により生放送のコストが抑えられるようになったことや、2003年以降横浜国際女子駅伝のスポンサードネットの対象から外されネットを打ち切っていたこと、東国原英夫知事就任などの諸事情もあり、テレビ宮崎は方針転換。2008年からこの大会の生中継に踏み切るとともに、九州7県のFNS系列局にもネットするようになった[3]

なお、2014年(第52回)より旭化成が特別協賛になったため、冠スポンサーとなり、「AsahiKASEI SPORTS SPECIAL 第XX回延岡西日本マラソン」("XX"内は開催回数が入る)[4]として放送される。

ネット局編集

同時ネット編集

開催日当日深夜にダイジェスト版をネット編集

  • BSフジ(2014年より、2012年・2013年は同時ネットを行った。)

参考文献編集

  • 『宮崎県大百科事典』 宮崎日日新聞社、1983年。

脚注編集

  1. ^ “初マラソンの山崎が優勝…ゴール直前のスパートで逆転”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年2月11日). http://www.sanspo.com/sports/news/20180211/ath18021116500003-n1.html 2018年2月12日閲覧。 
  2. ^ a b c “須河きょうだいで初優勝 妹の沙央理「負けられないと思って力が出た」 延岡西日本マラソン”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年2月10日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190210/ath19021017250007-n1.html 2019年2月11日閲覧。 
  3. ^ 2008年はテレビ大分(日本テレビ系列でもあり、スポンサードネット対象のため、横浜国際女子駅伝を同時ネット)・サガテレビでは放送されなかった。
  4. ^ 2016年(第54回)は旭化成が子会社の不祥事により提供自粛したため、冠スポンサーなしで放送した。なお、CMは通常通り放送した。
  5. ^ 先頭の中継車を、カンテレから借用。

外部リンク編集