メインメニューを開く
艦歴
建造所 香港
起工
進水
竣工 1868年
就役 明治元年9月(1868年10月)に佐賀藩が購入、同年徴発
その後 明治4年12月(1872年1月)に売却
要目
排水量 400トンから500トン(推定)[1]
全長 長さ:41.8m
全幅 幅:7.3m
吃水 2.7m
機関 100馬力
速力 7ノット
航続距離
燃料
乗員
兵装 砲8門

延年丸(えんねんまる)は佐賀藩所属の軍艦。3檣スクーナー形の木造蒸気砲艦で、箱館湾海戦に参加した。

元は1868年香港で建造された砲艦で原名「カレドニア(Caledonia)」。明治元年9月(1868年10月)に佐賀藩が購入し「延年丸」と改名した。同年に新政府軍に徴発され、翌年の榎本艦隊追撃に参加し、明治2年5月11日(1869年6月20日)に青森港から箱館に到着、当日の箱館湾海戦に参加した。

明治4年9月(1871年10月)に新政府への献納の申し出があったが砲のみが献納され、船体は同年12月(1872年1月)に売却、郵便蒸気船会社(後の郵便汽船三菱会社)の所属となった。

売却前は日本海軍籍であったとする資料もあるという[2]

参考文献編集

  • 海軍歴史保存会『日本海軍史 第7巻』(第一法規出版、1995年)
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』(光人社、1993年) ISBN 4-7698-0386-9
  • 元綱数道『幕末の蒸気船物語』(成山堂書店、2004年) ISBN 4-425-30251-6

脚注編集

  1. ^ 要目は『幕末の蒸気船物語』による。それによると『佐賀藩海軍史』には排水量700トンとあるが、船体寸法に対して明らかに大きく、『日本近世造船史』では280トンとあるが、明らかに小さいとしている。
  2. ^ 『聯合艦隊軍艦銘銘伝』p210によると福井静夫『帝国海軍艦艇一覧表』(1952年)に「明治4年12月除籍」と記されているという。

関連項目編集