延徳村

日本の長野県下高井郡にあった村

延徳村(えんとくむら)は長野県下高井郡にあった。現在の中野市中心部の南西、長野電鉄長野線沿線にあたる。

えんとくむら
延徳村
廃止日 1954年7月1日
廃止理由 新設合併
中野町日野村延徳村平野村長丘村平岡村高丘村科野村倭村中野市
現在の自治体 中野市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
下高井郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 3,386
国勢調査1950年
隣接自治体 下高井郡中野町、日野村、平野村
上高井郡都住村山田村
延徳村役場
所在地 長野県下高井郡延徳村
座標 北緯36度42分30秒 東経138度20分56秒 / 北緯36.70847度 東経138.34881度 / 36.70847; 138.34881座標: 北緯36度42分30秒 東経138度20分56秒 / 北緯36.70847度 東経138.34881度 / 36.70847; 138.34881
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

歴史編集

村名の由来編集

延徳年間頃に遠洞干拓し、耕地化した「延徳田圃」から。低地にあるため水害に遭いやすく、明治時代に救済策として杞柳(行李)の生産を奨励。豊岡杞柳細工で知られる兵庫県豊岡町(現・豊岡市)とは、大正から昭和にかけて杞柳細工の指導を仰いだり、神社を勧請して建立するなどの交流があった[1][2]

沿革編集

交通編集

鉄道路線編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 20 長野県』219 - 220ページ。
  2. ^ 長野市立博物館博物館だより 第47号」1999年7月2日。

参考文献編集

関連項目編集