メインメニューを開く

建元(けんげん、건원)は新羅が初めて用いた独自の年号。第23代法興王の23年(536年)から第24代真興王11年(550年)末まで用いられた。

真興王12年(551年)正月に開国改元された。

目次

西暦との対照表編集

建元 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 536年 537年 538年 539年 540年 541年 542年 543年 544年 545年
干支 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥 甲子 乙丑
建元 11年 12年 13年 14年 15年 16年  
西暦 546年 547年 548年 549年 550年 551年
干支 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未

出典編集

『三国史記』巻四・新羅本紀・法興王紀

二十三年。始称年号。云建元元年。

『三国史記』巻四・新羅本紀・真興王紀

十二年春正月。改元開国。

参考文献編集

関連項目編集


前の元号:
-
新羅の元号 次の元号:
開国