建武(けんむ)は、647年に制定され、648年から649年まで日本で用いられた冠位である。13階中最下位で、小黒の下に位置する。

解説編集

大化3年(647年)に制定された七色十三階冠で設けられ[1]、翌年4月1日に実施された[2]。黒絹で冠を作り、紺で縁取った。建武だけは冠に鈿を付なかった[3]

日本書紀』には初位、または立身とも呼ばれたと注される。いずれも後の冠位・位階制度の最下位なので、当時からの別称ではない可能性がある[4]

大化5年(649年)2月に冠位十九階が導入されると、建武は立身と改称された。

1年で改称されたこともあり、建武の冠位を授かったことが確実に知られる人物はいない。『日本書紀』は斉明天皇4年(658年)7月4日に渟代郡少領宇婆左に建武の位を授けたと記すが、時期が異なるので立身にあたると考えられる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本書紀』大化3年(647年)是歳条。
  2. ^ 『日本書紀』大化4年(647年)4月1日条。以下、特に注がなければ『日本書紀』の当該年月の条による。
  3. ^ 『日本書紀』大化3年(647年)是年条。
  4. ^ 小島憲之・直木孝次郎・西宮一民・蔵中進・毛利正守 校訂・訳『日本書紀』3(小学館(新編日本古典文学全集4)、1998年(平成11年)) ISBN 4-09-658004-X.の167頁注2。

関連項目編集