メインメニューを開く

弁天座(べんてんざ)は、奈良県大和高田市にある大衆演劇場・劇場桟敷席・2階席を含め約120席。

弁天座
Bentenza
弁天座
情報
正式名称 弁天座
旧名称 高田シネマ
開館 2005年4月
客席数 約120席
用途 演劇・舞踊公演
旧用途 映画館
所在地 635-0097
奈良県大和高田市北本町9-2
位置 北緯34度31分6.9秒 東経135度44分32.6秒 / 北緯34.518583度 東経135.742389度 / 34.518583; 135.742389座標: 北緯34度31分6.9秒 東経135度44分32.6秒 / 北緯34.518583度 東経135.742389度 / 34.518583; 135.742389
アクセス 近鉄大阪線大和高田駅から徒歩2分
外部リンク http://bentenza.jimdo.com/

概ね毎月1~2つの劇団が入れ替わり、1日2回(昼12時から・夜17時半から)、演劇舞踊の公演を行っている。

歴史編集

  • 1910年(明治43年) - 同市内の内本町12番地に池端庄太郎中川八太郎宮崎亀石の3人が共同で劇場の弁天座(辨天座)を開業[1]
  • 1918年(大正7年) - 花月座に改称[1]
  • 1920年(大正9年) - 大阪の吉本興業と5年間契約[1]
  • 1940年(昭和15年) - 建物を新築し花月劇場に改称。
  • 1948年(昭和23年) - 常設映画館になるが、その後に廃館。
  • 1950年(昭和25年) - 現在所在地に日活が専用映画館として高田キネマ(後に高田シネマに改称)を開業。当時の座席数は800席[1]1958年(昭和33年)の時点では、大和高田市内の映画館は同館のほか、高田劇場(本郷町2)、曙館(三和町9)、高田大劇(永和町9)、高田日劇(本郷町9)、高田大映(本郷町5)、高田東映(永和町11)の6館が存在していた[1]
  • 2005年(平成17年)4月 - 高田シネマを改装し大衆演劇場「弁天座」として開業。

交通編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 市内の劇場・映画館の変遷”. 大和高田市って?. 大和高田市. 2014年4月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集