弓木城(ゆみのきじょう)は、丹後国(現京都府与謝野町岩滝)にあった日本の城

logo
弓木城
京都府
城郭構造 山城
築城主 稲富氏
築城年 鎌倉時代末期
主な改修者 稲富氏、一色氏
主な城主 稲富祐直、一色義定
遺構 曲輪、空堀、土塁
指定文化財 なし

概要編集

鎌倉時代末期に稲富氏が城を築き、代々の当主が居城とした。堅固な山城であり、一時は北丹後国の中心地となった。

戦国時代に、足利家一門、四職筆頭の一色家当主、一色義道の子一色義定細川忠興に攻められ、重臣の稲富氏の居城に建部山城から移る。翌年から度々細川氏の攻撃を受けた城主稲富祐直率いる稲富軍と一色軍はこれを撃退し続け、一色義定が細川氏に謀殺されるまで激しい抵抗を続けた。義定の死後、和議で開城したと言われる。

城は山城で、城址には曲輪空堀土塁と、石碑が残る。

参考文献編集

関連項目編集