引佐町

日本の静岡県引佐郡にあった町

引佐町(いなさちょう)は、かつて静岡県引佐郡にあった。現在の浜松市北区引佐町の区域に相当する。

いなさちょう
引佐町
Flag of Inasa Shizuoka.JPG Inasa Shizuoka chapter.JPG
町旗 町章
廃止日 2005年7月1日
廃止理由 編入合併
浜北市天竜市
舞阪町雄踏町細江町
引佐町三ケ日町、春野町、
佐久間町、水窪町、龍山村→浜松市
現在の自治体 浜松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
引佐郡
市町村コード 22522-3
面積 121.18km2
総人口 14,481
推計人口、2005年6月1日)
隣接自治体 浜松市浜北市天竜市
引佐郡三ケ日町細江町
愛知県南設楽郡鳳来町
町の木 ひのき
町の花 渋川つつじ
引佐町役場
所在地 431-2295
静岡県引佐郡引佐町井伊谷616番地の5
外部リンク 公式サイト
座標 北緯34度50分4秒
東経137度40分11秒
引佐町の県内位置
合併時点における位置図。緑色部分が引佐町。
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

かつての遠江国西部に位置し、静岡県を三分割する際には静岡県西部に区分される。

河川・湖沼編集

  • 都田川(久留女木川)
  • 都田川ダム
  • 井伊谷川
  • 神宮寺川

歴史編集

  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 引佐郡金指町井伊谷村に編入され、改称の上で町制を施行して引佐町が発足する。
  • 1955年(昭和30年)5月1日 - (旧)引佐町、奥山村伊平村鎮玉村が合併し、改めて引佐町が設置される。
  • 2005年(平成17年)7月1日 - 周辺10市町村とともに浜松市に編入され、自治体としての引佐町は廃止される。

隣接している自治体編集

静岡県編集

愛知県編集

行政編集

 
浜松市引佐地域自治センター

2005年(平成17年)7月1日、周辺10市町村とともに浜松市へ編入され、引佐町は廃止された。浜松市への合併時、合併前の引佐町の区域をもって地方自治法第202条の4に基づく引佐地域自治区を設置[1][2]。旧引佐町役場庁舎を利用して浜松市引佐総合事務所を設けた。

2007年(平成19年)4月1日に浜松市が政令指定都市へ移行したのに伴い、北区の一部となり、引佐総合事務所は浜松市引佐地域自治センターに名称変更した。

2012年(平成24年)3月31日をもって引佐地域自治区が廃止[3]され、翌4月1日に浜松市引佐地域自治センターは浜松市引佐協働センターに名称変更した。

姉妹都市・提携都市編集

教育編集

小学校編集

  • 引佐町立井伊谷小学校
  • 引佐町立金指小学校
  • 引佐町立奥山小学校
  • 引佐町立伊平小学校
  • 引佐町立川名小学校[注釈 1]
  • 引佐町立田沢小学校[注釈 2]
  • 引佐町立渋川小学校[注釈 2]
  • 引佐町立久留女木小学校[注釈 2]

中学校編集

  • 引佐町立引佐北部中学校
  • 引佐町立引佐南部中学校

高等学校編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

一般国道
主要地方道

娯楽編集

  • 引佐劇場 - 劇場・映画館[4]

名所・旧跡編集

臨済宗妙心寺派の寺院。天平5年(733年)に行基によって開かれたとされている。池泉鑑賞式庭園が国の名勝に指定され、寺院に収められている「宋版錦繍万花谷」3冊が国の重要文化財に指定されている。また、龍潭寺伽藍6棟と「紙本金地著色遊楽図六曲一双」は静岡県指定有形文化財に指定されている。NHK大河ドラマおんな城主直虎』で知られる井伊家菩提寺である[5]

全長1キロメートルを超える鍾乳洞。2億5千万年前の石灰岩地帯にあり、1981年(昭和56年)に洞窟愛好家2名によって発見された。約400メートルが一般公開されている。洞窟内の温度は一年を通して18℃に保たれ、夏は避暑地としても人気がある。敷地内にはお土産売り場や飲食店、鮎狩り園など、洞窟以外にも楽しめるポイントがあり、程よく観光地化されている[6]

出身有名人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 浜松市への編入から5年後の2010年(平成22年)、川名小学校は井伊谷小学校へ統合
  2. ^ a b c 浜松市への編入から5年後の2010年(平成22年)、田沢小学校・渋川小学校・久留女木小学校の3校は新設の引佐北部小学校へと統合
  3. ^ 浜松市への編入後の2015年(平成27年)、静岡県の高校再編によって静岡県立浜松湖北高等学校となった。
出典

関連項目編集

外部リンク編集