引用管理ソフトウェア

引用管理ソフトウェア(いんようかんりソフトウェア)とは、インターネット上にあるパブリックデータベースから、書誌情報要約などを簡単に取り込み、パーソナルデータベースとして管理し、論文投稿時の引用データを作成管理する文書管理ソフトウェアのことである。学者として、引用管理ソフトウェアの最も重要な機能の1つは、不注意による剽窃を避けることである[1]

概要編集

引用管理ソフトウェアは、通常は書誌情報データベースに分類される。論文投稿時や出版時に要求される各種形式での引用リストを作成できる。現在の引用管理パッケージは、通常、ワードプロセッサと連動でき、参照リストを含んでいない引用情報からでも、記事に書かれた適当な出力フォーマットで自動的に作成する。書誌情報データベースから出版された詳細を入力する機能も持っているのが普通。引用管理ソフトウェアは、書誌情報管理データベースと同じものではないが、特定の分野の中で出版された全ての記事のリストをデータベース化する。これらのデータベースは通常大きなシステムとなるが、引用管理ソフトウェアは、特定の著者のグループなどの小さなデータベースで作られる。

引用管理ソフトウェア編集

プロプライエタリソフトウェア編集

GPL下で配布されるフリーソフトウェア編集

その他フリーウェア・シェアウェアなど編集

脚注編集

  1. ^ Reference management software | Karolinska Institutet University Library”. kib.ki.se. 2022年8月17日閲覧。
  2. ^ EndNote公式サイト(英語)
  3. ^ Aigaion 公式サイト(英語)
  4. ^ BibCiter公式サイト(英語)
  5. ^ Bibus公式サイト(英語)
  6. ^ Connotea 公式サイト(英語)
  7. ^ I, Librarian公式サイト(英語)
  8. ^ JabRef公式サイト(英語)
  9. ^ Jumper公式サイト(英語)
  10. ^ Pybliographer公式サイト(英語)
  11. ^ refbase公式サイト(英語)
  12. ^ RefDB(SourceForgeサイト)(英語)
  13. ^ Referencer公式サイト(英語)
  14. ^ Wikindx(SourceForgeサイト)(英語)
  15. ^ Zotero公式サイト(英語)。オンライン同期サービスの容量追加は有料。
  16. ^ RT2公式サイト(英語)
  17. ^ iPubMedMaker公式サイト(英語)
  18. ^ iPapers(SourceForgeサイト)(英語)
  19. ^ BibDes(SourceForgeサイト)(英語)
  20. ^ Ref 2000サイト(英語)

関連項目編集