メインメニューを開く
弘前医科大学
(弘前医大)
創立 1948年
所在地 青森県弘前市
初代学長 丸井清泰
廃止 1960年
後身校 弘前大学
同窓会 鵬桜会

弘前医科大学 (ひろさきいかだいがく) は、1948年昭和23年) に設立された官立の旧制医科大学

本項では、前身の旧制官立青森医学専門学校青森医専) を含めて記述する。

目次

概要編集

  • 第二次世界大戦中に設置された旧制青森医学専門学校が前身。
  • 戦後、戦時期に設立された他の官立旧制医学専門学校5校と同時期に旧制大学に昇格し、弘前医科大学となった。
  • 新制大学への移行に際して弘前大学に包括され、医学部となった (現・医学部医学科)。
  • 同窓会は 「社団法人 弘前大学医学部鵬桜会」 と称し、旧制・新制合同の会である。

沿革編集

前史編集

  • 1916年: 青森県立青森病院に看護婦講習科を開設。
  • 1935年: 青森県立青森病院に産婆講習科を開設。
  • 1942年9月: 代議士 竹内俊吉・青森県議 山崎岩男・青森県知事 山田俊介ら、医学専門学校 (医専) 設立を上京陳情。
  • 1943年12月: 文部省、青森への医専設立決定。

青森医学専門学校時代編集

  • 1944年3月28日: 勅令第165号により、青森医学専門学校設置。
  • 1944年5月1日: 青森医専、開校式 (青森市浦町の野脇国民学校校舎)。10日、第1回入学式。
  • 1945年4月: 青森市寺町の青森県立青森病院を移管し、青森医学専門学校附属病院とする。
  • 1945年7月28日: 空襲で附属病院・寄宿舎を焼失。
  • 1945年8月28日: 講義再開。
  • 1946年2月: 学生大会、弘前市への移転を決議。
  • 1947年1月15日: B級医専 (廃校対象) と判定される 。
  • 1947年2月26日: 弘前への移転を条件に、A級医専として存続決定。
  • 1947年3月10日: 弘前市在府町に校舎移転。

弘前医科大学時代編集

  • 1948年2月10日: 大学令により弘前医科大学設置。
    • 学部 (修業年限4年) を設置。
  • 1949年3月: 青森医専、第1回卒業。
  • 1949年4月10日: 附属厚生女学部を設置 (後の看護学校→弘前大学医療技術短期大学部→現・弘前大学医学部保健学科)。
  • 1949年5月31日: 新制弘前大学設置 (法律第150号)。
    • 旧制青森医専・弘前医大は医学部の母体として包括される。
  • 1951年1月31日: 新制弘前大学医学部設置。
  • 1951年2月6日: 附属厚生女学部を弘前大学附属病院附属看護学校と改称。
  • 1951年3月10日: 旧制青森医学専門学校、閉校式。
  • 1951年4月16日: 新制弘前大学医学部 第1回入学式。
    • 修業年限4年。
  • 1952年2月: 医学研究科設置 (旧制)。
  • 1952年3月: 旧制弘前医大 第1回卒業。附属病院看護婦講習科・産婆講習科、廃止。
  • 1955年1月: 新制医学部進学課程設置。
  • 1956年1月: 旧制学位審査権取得。
  • 1958年3月: 新制大学院医学研究科設置。
  • 1960年3月31日: 旧制弘前医科大学、廃止。

歴代校長・学長編集

青森医学専門学校
  • 初代: 丸井清泰 (1944年3月 - 1951年3月)
弘前医科大学
  • 初代: 丸井清泰 (1948年4月 - 1953年8月19日死去)
  • 第2代: 工藤喬三 (1953年11月 - 1955年11月)
  • 第3代: 佐藤煕 (1955年11月 - 1960年3月)

校地の変遷と継承編集

校舎

旧制青森医専設立当初は、青森市浦町210の野脇国民学校校舎を使用した。校舎は1945年7月の青森空襲に耐えたが、市内の附属病院・寄宿舎は焼失した。1947年3月、医専存続のため、弘前市在府町5番地の旧朝陽小学校校地に移転。同校地は後身の旧制弘前医大・新制弘前大学医学部に引き継がれている。

附属病院

1945年4月、青森市寺町46 (現・青森市中央1丁目、青森市役所付近) の青森県立青森病院が移管され、青森医専附属病院となった。同年7月、空襲で附属病院焼失。同年10月、東津軽郡筒井村の旧陸軍官舎を仮附属病院として使用。1947年3月、医専の弘前移転に伴い、弘前市本町53番地の旧弘前市立病院を医専附属病院とした。後身の弘前医大附属病院、弘前大学医学部附属病院も同地を使用し続けている。

関連項目編集

関連書籍編集

  • 弘前大学医学部五十年史編集委員会(編) 『弘前大学医学部五十年史』 弘前大学医学部、1994年11月。

外部リンク編集