メインメニューを開く

弘福寺(こうふくじ)は、東京都墨田区向島にある黄檗宗の寺院。山号は牛頭山。本尊は釈迦如来。隅田川七福神のうち布袋像を祀る。

弘福寺
Kofukuji20120114.jpg
大雄宝殿
所在地 東京都墨田区向島5-3-2
位置 北緯35度43分2.6秒 東経139度48分31.4秒 / 北緯35.717389度 東経139.808722度 / 35.717389; 139.808722座標: 北緯35度43分2.6秒 東経139度48分31.4秒 / 北緯35.717389度 東経139.808722度 / 35.717389; 139.808722
山号 牛頭山
香積山(前身)
宗旨 禅宗
宗派 黄檗宗
本尊 釈迦如来
正式名 牛頭山弘福禅寺
札所等 隅田川七福神布袋尊
地図
弘福寺の位置(東京都区部内)
弘福寺
法人番号 5010605000323
テンプレートを表示

目次

歴史・概要編集

江戸時代前期の1673年延宝元年)、黄檗宗の僧鉄牛道機の開山、稲葉正則の開基により香積山弘福寺を現在地に移して建てられた寺院である。江戸時代には鳥取藩池田氏菩提寺であった。関東大震災で罹災したが、1933年昭和8年)に再建された。

境内のには石造りの爺像(高さ55cm×幅45cm程度)と婆像(高さ75cm×60cm程度)からなる「の爺婆尊」が祀られており、風邪インフルエンザの予防を祈願する参拝者が訪れる。制作した江戸時代の禅僧・風外(ふうがい)の名が「風(邪)の外」に通じるとして、風邪除けのご利益があると信じられるようになった[1]

文化財編集

区指定有形文化財編集

  • 大雄宝殿 昭和8年(1933年)再建。
  • 梵鐘 貞享5年(1688年)鋳造。

区指定史跡編集

区指定無形民俗文化財編集

所在地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東京・向島の弘福寺、爺婆像に風邪除け祈願『産経新聞』朝刊2017年12月27日(東京面)

関連項目編集

外部リンク編集