メインメニューを開く

弟子丸 千一郎(でしまる せんいちろう、1943年3月11日 - 2013年10月27日)は、日本テレビプロデューサー

佐賀県出身、早稲田大学政経学部卒業。[1]株式会社アックス元代表取締役社長。

TBSテレビプロデューサーとして音楽番組の製作及び演出に長く携わった人物である。『ザ・ベストテン』の立ち上げに寄与しており、プロデューサーとして、『あなたの歌が聴きたいという人たちのリクエストに応えるべきだ』と、当時、頑なにテレビ出演を拒んでいた松山千春を説得して出演させたことでも知られる。

人物編集

大学ではニューオーリンズジャズクラブに所属、ドラムを担当。1965年、TBSに入社。[1]

アナウンサーを務めていたことはなかったが、アナウンスセンター長を務め、制作局第二部長[1]、社会情報局長[1]、事業局長[1]などを歴任。後に株式会社アックス社長に就任した。

2013年10月27日、多臓器不全により死去[2]。70歳没。

制作番組編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『現代物故者事典 2012〜2014』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2015年3月25日、384頁。ISBN 978-4-8169-2527-6
  2. ^ 【訃報】弟子丸千一郎氏(元TBSプロデューサー) 産経新聞 2013年10月29日閲覧

参考文献編集

  • 『現代物故者事典 2012〜2014』日外アソシエーツ、日外アソシエーツ、2015年3月25日。ISBN 978-4-8169-2527-6