メインメニューを開く

弦楽四重奏曲第15番 (ショスタコーヴィチ)

弦楽四重奏曲第15番変ホ短調Op.144は、旧ソ連の作曲家、ショスタコーヴィチの書いた、最後の弦楽四重奏曲である。1974年に作曲された。

初演編集

1974年11月15日レニングラードでタネーエフ弦楽四重奏団によって初演された。

曲の構成編集

ショスタコーヴィチの死の前年に作曲されたこの曲は、6つの標題の付いたアダージョを切れ目なく演奏するという特異な構成をしている。特に第2楽章の冒頭では、十二音全てを一音ずつ、弱音から強音まで全音符で奏でるという珍しい構成となっている。第1楽章と第6楽章の中間部を除いて全て変ホ短調のみで書かれている。第1楽章ではシューベルト弦楽四重奏曲第14番のモチーフが現れる。楽章配置は以下のとおり。

演奏時間は約35分。

編成編集