弦楽四重奏曲第19番 (モーツァルト)

弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465不協和音』は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって、1785年に作曲された。ハイドン・セット全6曲中最終曲。第一楽章冒頭の序奏22小節のアダージョは、異様とも聴こえる大胆な和声を持ち、『不協和音』の愛称で知られる。この序奏の後は一転し、モーツァルトらしい明快な曲となる。室内楽の中でも屈指の名作の一つ。

曲の構成編集

  • 第1楽章 Adagio - Allegro
    冒頭22小節は、異様とも聴こえる和声効果を持つ序奏が置かれている。チェロはハ、ヴィオラは変イ、第2ヴァイオリンは変ホ、第1ヴァイオリンはイの音で開始する。これをモーツァルトや写譜職人の誤記と真剣に思った人すらいる。
  • 第2楽章 Andante cantabile
  • 第3楽章 Menuetto
  • 第4楽章 Allegro
演奏時間約30分

編成編集

外部リンク編集