弦楽四重奏曲第33番 (シュポーア)

弦楽四重奏曲第33番ト長調op.146は、ドイツの作曲家、シュポーアによって1851年に作曲された弦楽四重奏曲である。

作品について編集

この『第33番』以降の4つの弦楽四重奏曲は晩年の円熟に達した作品群である。なかでもこの『第33番』は第2楽章のアダージョの美しさが特に名高い傑作である。

曲の構成編集

  • 第1楽章 アレグロ
繊細な感情を讃えるようなアレグロの章である。
  • 第2楽章 アダージョ・モルト
音色的伴奏と対位法的伴奏が美しい旋律の背景を飾る、悲しい歌の章である。
おどけたようなスケルツォと、抒情的な性格を持った優美なトリオの章である。
  • 第4楽章 フィナーレ:モルト・アレグロ
どこか影を持った、気品が漂うフィナーレである。