弦楽四重奏曲第38番 (ハイドン)

弦楽四重奏曲第38番変ホ長調op.33-2は、オーストリアの作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンによって、1781年に作曲された弦楽四重奏曲である。まとめて出版されたop.33「ロシア四重奏曲」6曲(第37番-42番)中の2曲目であることから、「ロシア四重奏曲第2番」とも呼ばれ、また、第4楽章のユーモアある終わり方から、「冗談」というニックネームを持っている。

構成編集

作曲の経緯については、「ロシア四重奏曲」の項を参照のこと。

  • 第一楽章 Allegro Moderato
簡潔ながらも、よく整い美しい均衡を保ったソナタ形式である。
  • 第二楽章 Scherzo (Allegro)
スケルツォ的な特徴はやや希薄であるが、特に楽しい楽章である。
  • 第三楽章 Largo e sostenuto
歌謡風の旋律と、シンコペーションを伴った二つの旋律を主題とする変奏曲である。
  • 第四楽章 Finale (Presto)
ユーモアある終わり方で知られる。

編成編集

関連項目編集