張 伯苓(ちょう はくれい)は中華民国の教育家・政治家。南開大学の創設者の1人で、考試院院長もつとめた。名は寿春だが、伯苓で知られる。

張 伯苓
张伯苓.jpg
プロフィール
出生: 1876年4月5日
光緒2年3月11日)
死去: 1951年2月23日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国天津市
出身地: 清の旗 直隷省天津府天津県
職業: 教育家・政治家
各種表記
繁体字 張伯苓
簡体字 张伯苓
拼音 Zhāng Bólíng
和名表記: ちょう はくれい
発音転記: ジャン ボーリン
ラテン字 Chang Po-ling
テンプレートを表示

事跡編集

 
張伯苓像

秀才の家庭に生まれる。1892年光緒28年)、北洋水師学堂に入学して操舵術を習得し、5年後に卒業して海軍士官となった。その後は教育界に転じ、厳修の下で新学を学ぶ。1904年(光緒30年)、教育事業の視察のために日本へ向かう。帰国後は南開中学堂などの創設に参加した。

1917年民国6年)、アメリカのコロンビア大学ジョン・デューイエドワード・ソーンダイクのもと教育学の研究を行った。翌年冬の帰国後は、南開大学の創設準備に奔走する。1919年(民国8年)の正式開校にこぎつけた。1923年(民国12年)には、南開女子中学を開校した。

日中戦争(抗日戦争)勃発後の1938年(民国27年)1月に、教育機関が昆明に移転する。南開大学は、北京大学清華大学と連合して西南聯合大学を組織し、張伯苓は校務委員会常務委員となった。また、重慶に移転してきていた南開中学校長もつとめている。同年、国民参政会副議長となり、蒋介石を積極的に支持する姿勢を示した。

1945年(民国34年)には、中国国民党第6回代表大会で、中央監察委員に選出されている。しかし、日中戦争終結後になると、張伯苓は中国共産党との内戦に進もうとする国民党に不信を抱くようになる。それでも1948年(民国37年)6月には、中華民国考試院院長に任命された。

国共内戦で国民党が敗北すると、張伯苓は蒋介石らにこれ以上追随せず、大陸に留まった。中華人民共和国成立時には、周恩来に祝電を送っている。

1951年2月23日、天津で死去。享年76(満74歳)。

参考文献編集

  • 宗志文「張伯苓」中国社会科学院近代史研究所『民国人物伝 第2巻』中華書局、1980年。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
戴季陶
考試院長
1948年6月 - 1949年11月
次代:
賈景徳