張 兆棟(ちょう ちょうとう、Zhang Zhaodong1821年 - 1887年)は、末の官僚。字は友山

山東省濰県出身。1845年進士となり、刑部主事、郎中を歴任した。鳳翔府知事であったとき、回民蜂起軍に府城を包囲されたが、援軍が来るまでの16か月間耐え抜いた。この功で四川按察使に昇進した。1865年広東省に異動となり、布政使に昇進した。当時、左宗棠嘉応州太平天国軍を攻撃していたが、食糧が滞りがちであった。しかし張兆棟が担当すると食糧補給に困ることはなくなった。その後、安徽布政使・江蘇布政使を歴任した。

1870年、漕運総督に抜擢された。1871年に広東巡撫となり、闈姓と呼ばれる賭博の禁止に努めた。しかし両広総督英翰が禁を緩める方針をとったため、これを弾劾した。そのため英翰は解任され、広東省の官僚で闈姓の弛禁論を口にする者はいなくなった。1879年、母の死で郷里に帰ったが、福建巡撫として復職した。

1884年清仏戦争が勃発すると、福建省台湾の防衛にあたったが、馬尾での敗戦で解任された。1887年、福建省で没した。

1909年に官職が元に戻され、名誉回復がなされた。

出典編集

先代:
張之万
漕運総督
1870-1871
次代:
蘇鳳文
先代:
劉長佑
広東巡撫
1871-1879
次代:
裕寛
先代:
岑毓英
福建巡撫
1882-1884
次代:
劉銘伝