張凱馨(ちょう がいせい、チャン・ガイシン)は台湾囲碁棋士台北市出身、台湾棋院所属、五段。鈺徳杯台湾女子名人戦優勝2回、正官庄杯世界女子囲碁最強戦ベスト8など。

経歴編集

1992年に全国アマチュア十傑戦で10位。同年相鉄杯世界女流アマチュア囲碁選手権戦3位、94年4位。1995年国際アマチュア・ペア碁選手権大会林至涵とのペアで準優勝。1999、2000年に全国女子囲棋公開戦に連続優勝。2000年全国最強女子囲棋招待戦でも9戦全勝で優勝。

2003年台湾棋院初段。同年正官庄杯世界女子囲碁最強戦に出場し、ベスト8進出するが朴鋕恩に敗退。同年二段。同年関西棋院・台湾棋院交流対局で田村千明に1勝2敗、以後2009年まで出場。2004年国際新鋭交流戦に出場し、洪性志に勝って1勝2敗。2004、05年新人王戦ベスト8。2005年CMC杯電視快棋戦で敗者戦4回戦進出。2006年三段。2008年第1回ワールドマインドスポーツゲームズ男女ペア戦に、林至涵とのペアで出場しベスト8。2011年女子名人戦リーグ7勝3敗の同率で2位、四段。2012年女子名人戦リーグ8勝0敗で優勝。2014年女子名人戦優勝、スポーツアコードワールドマインドゲームズ男女ペア戦で銅メダル獲得、五段。2015年女子最強戦準優勝。

タイトル歴編集

他の棋歴編集

外部リンク編集