メインメニューを開く

張 景子(ちょう けいこ)は、中国出身の日中韓研究家[2]。元北京放送中国アナウンサー中国語 - 日本語 - 朝鮮語通訳であり、現在は語学教室「JCK話音」[1]を運営するほか立教大学兼任講師を務め、稲川素子事務所所属のタレントとしてテレビ等にもしばしば出演する。

張 景子
プロフィール
出生: 生年月日不詳[1]
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 吉林省
職業: 研究者タレント
各種表記
和名表記: ちょう けいこ
テンプレートを表示

目次

人物編集

朝鮮族中国人として、中国吉林省延吉市に生まれた[要出典]1986年から1990年まで北京外国語大学に在学し、日本語日本文化を専攻した[2]。1990年、中国国際放送(北京放送)のアナウンサーとなり、1997年まで務めた[2]

1999年平成11年)より東京大学大学院(地域文化研究)に在籍し、2001年(平成13年)に修士課程[2][3]2005年(平成17年)に博士課程を修了した[2]。翌2006年(平成18年)、立教大学兼任講師(朝鮮語担当)に就任した[2][4]

2008年(平成20年)、日本に帰化(帰化理由は、ビザを取りやすい日本国籍が仕事の便宜上便利だから。また、日本の参政権を得るため。:2010/03/14 『たかじんのそこまで言って委員会』の番外編「いつまでも反中でいいんかい 大激論!アジアは1つになれるか?」)。タレントとして日本のテレビ番組(特に討論バラエティー番組)にしばしば出演し、中国や日中問題、在日外国人問題についての持論を展開している[要出典]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ここがヘンだよ日本人出演時に35歳と表示されているため1965年前後と思われる。
  2. ^ a b c d e f 張 景子”. 稲川素子事務所. 2013年5月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月19日閲覧。
  3. ^ 東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究専攻 修士論文題目一覧
  4. ^ 立教大学 教員一覧

外部リンク編集