張琳芃

中華人民共和国の男子サッカー選手

張 琳芃漢音読み:ちょう りんほう、簡体字:张琳芃、繁体字:張琳芃、拼音:Zhāng Línpéng、Zhang Linpeng、1989年5月9日 - )は、中華人民共和国山東省済南市出身のサッカー選手中国サッカー・スーパーリーグ広州恒大所属。中国代表。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

張 琳芃 Football pictogram.svg
Zhang Linpeng.jpg
名前
愛称 中国のセルヒオ・ラモス
カタカナ チャン・リンペン
チャン・リンポン
ヂャン・リンポン
ジャン・リンポン
ラテン文字 Zhang Linpeng
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
生年月日 (1989-05-09) 1989年5月9日(33歳)
出身地 山東省済南市
身長 186cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 広州恒大
ポジション DF (RSB/CB) / MF (RMF)
背番号 5
利き足 右足
ユース
1996-1997 済南正利
1997-1999 中華人民共和国の旗 広東名峰
1999-2000 Guangdong Mingfeng
2001-2005 中華人民共和国の旗 根寶足球基地
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2010 中華人民共和国の旗 上海東亜 65 (2)
2010- 中華人民共和国の旗 広州恒大 137 (14)
代表歴2
2008  中国 U-20 6 (0)
2009-2010  中国 U-23 9 (1)
2009- 中華人民共和国の旗 中国 62 (5)
獲得メダル
サッカー
中華人民共和国の旗 広州恒大
AFCチャンピオンズリーグ
2013
2015
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月7日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

広州恒大編集

2010年上海東亜から広州恒大へ移籍した。移籍金は700万元である。

2013シーズン

2013年4月24日AFCチャンピオンズリーグ2013予選第5節の浦和レッズ戦で山田暢久に髪を引っ張られ倒された後報復行為をしたとして一発退場を受けた。それにより第6戦の全北現代モータース戦は出場停止となった。浦和との試合は予選で唯一の敗戦試合となった。その後広州恒大はラウンド16でセントラルコースト・マリナーズFC、準々決勝でレフウィヤSC、準決勝で柏レイソル、決勝でFCソウルを下して広州恒大AFCチャンピオンズリーグ初優勝に貢献した。また、AFCチャンピオンズリーグドリーム チームを初受賞した。

超級リーグでは広州恒大の3年連続3回目の優勝に貢献し、超級リーグベストイレブンを初受賞した。

2014シーズン

2014年8月20日AFCチャンピオンズリーグ2014準々決勝 第1戦でもウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC戦で一発退場を受けた。それにより準々決勝 第2戦のホームでのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC戦は出場停止となった。結果的に広州恒大はウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに敗れて敗退した。

超級リーグでは広州恒大の4年連続4回目の優勝に貢献し、2年連続2回目の超級リーグベストイレブンを受賞した。

2015シーズン

2015年7月20日、広州恒大との契約延長を発表した[1]。2020年12月31日までの5年間の契約を結んだ。

AFCチャンピオンズリーグ2015では広州恒大の2年ぶり2回目の優勝に貢献し、2年ぶり2回目のAFCチャンピオンズリーグドリーム チームを受賞した。

超級リーグでは広州恒大の5年連続5回目の優勝に貢献し、3年連続3回目の超級リーグベストイレブンを受賞した。

2016シーズン

超級リーグでは広州恒大の6年連続6回目の優勝に貢献し、4年連続4回目の超級リーグベストイレブンを受賞した。

2022年4月30日、上海海港へ復帰した。

代表編集

早くから年代別代表に召集され、U20代表として 2008 AFCU-19アジアユースに出場。2010年にはU23代表で広州アジア大会に出場。年代別代表ではあまりよい結果は出なかったが、高洪波により当時2部の上海東亜所属ながらA代表にも抜擢されると、2009年12月30日のヨルダン戦(2-2)で代表デビュー&初ゴールを挙げた。東アジアサッカー選手権2010でも優勝に貢献した。

中国代表として定着しており、AFCアジアカップ2011AFCアジアカップ2015AFCアジアカップ2019のメンバーに選ばれている。

人物・エピソード編集

  • 高い攻撃力を誇る中国代表サイドバック。U-23代表チームでは飛び級選出ながらキャプテンマークを巻いたこともあり、年代を超えた能力を見せつけていた。「中国のセルヒオ・ラモス」の愛称を持つ[2]
  • 前述の浦和戦での退場の後、自身の微博にて「しかし小日本を相手に私は我慢を続け、最後に我慢できなくなって爆発したのだ!」との発言をした[3][信頼性要検証]
  • 2015年9月の下旬には、レアル・マドリードへの移籍が報道されたことがある。過去にインテルナツィオナーレ・ミラノチェルシーFCといったビッグクラブへの移籍報道も出ていた[4]
  • 回族なのでムスリムである。
  • 2011年に結婚している。

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2006 上海東亜 乙級 - -
2007 - -
2008 甲級 19 0 - - 19 0
2009 24 1 - - 24 1
2010 22 1 - - 22 1
2011 広州恒大 5 超級 16 1 - 2 0 18 1
2012 21 2 - 3 1 24 3
2013 23 4 - 4 1 27 5
2014 27 1 - 2 0 29 1
2015 12 4 - 0 0 12 4
2016 16 0 - 7 0 23 0
2017 22 2 - 1 0 23 2
通算 中国 超級 137 14 - 19 2 156 16
中国 甲級 65 2 - - 65 2
中国 乙級 - -
総通算 202 16 0 0 19 2 221 18
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC AFC CL CWC
2012 広州恒大 5 7 0 -
2013 13 0 3 0
2014 9 0 -
2015 10 0 3 0
2016 3 0 -
2017 10 0 -
通算 AFC 52 0 8 0

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 62試合 5得点(2009年- )


中国代表国際Aマッチ
出場得点
2009 1 1
2010 13 2
2011 5 1
2012 4 0
2013 8 0
2014 9 0
2015 8 1
2016 7 0
2017 7 0
通算 62 5

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2009年12月30日  中華人民共和国, 義烏市, 梅湖体育中心   ヨルダン 1-0 △ 2-2 親善試合
2. 2010年1月14日  ベトナム, ハノイ, ミーディン国立競技場   ベトナム 2-0 ○ 2-1 AFCアジアカップ2011予選
3. 2010年10月8日  中華人民共和国, 昆明市, 昆明拓東体育場   シリア 2-0 ○ 2-1 親善試合
4. 2011年1月8日  カタール, ドーハ, サーニー・ビン・ジャーシム・スタジアム   クウェート 1-0 ○ 2-0 AFCアジアカップ2011
5. 2015年9月8日  中華人民共和国, 瀋陽市, 瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム   モルディブ 3-0 ○ 3-0 2014 FIFAワールドカップ予選

タイトル編集

クラブ編集

上海東亜
広州恒大

代表編集

中国代表

個人編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集