張セン

中国の囲碁棋士
張璇から転送)
本来の表記は「張璇」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

張璇(ちょう せん、张璇、チャン・シュアン、1968年6月22日 - )は中華人民共和国囲碁棋士福建省福州市出身、中国囲棋協会所属、八段。建橋杯女子囲棋公開戦4連覇含む優勝5回、宝海杯世界女子選手権戦優勝など。夫は常昊九段。

経歴編集

8歳で囲碁を学び、12歳で国家囲棋集中訓練隊に入る。1982年四段認定。1986年に国手戦で7位、海峡杯女子の部優勝。1987、88年、新体育杯戦リーグ入り。1989年、五牛杯戦優勝。1990年、全国囲棋個人戦女子の部優勝。1996年新人王戦ベスト8。1997年天元戦挑戦者決定戦に進出し常昊に敗退、八段。1998年、宝海杯世界女子選手権戦決勝で韓国の黄焰二段を2-1で破り優勝。1999年、NEC杯囲棋賽ベスト8、常昊と結婚。2001年、第1期女子名人戦優勝。2003年、トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦に推薦で出場、1回戦で王銘琬に敗れる。2003年から建橋杯女子囲棋公開戦4連覇。

甲級リーグには2003年、2006年に出場、女子甲級リーグでは2013年に厦門観音山チームで出場、2014年からは同チームコーチ。中国棋士ランキングでは、1997年7月に9位を占めた。

タイトル歴編集

その他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

代表局編集

1998年第5期宝海杯は、芮廼偉が不出場のため張が有力視された。黄焰との決勝三番勝負は1勝1敗の後の第3局、序盤左上隅の大ナダレ定石からの戦いが全局に波及し、その後右下の振り替わりで白番黄の優勢となる。ここで黒番張の103手目、図△の手が、通常はaへ打つところ、勝利への執念を示した手で、ここから徐々に差を縮めて終盤で逆転、世界戦初優勝を果たした。

黒 張璇 白 黄焰

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

参考文献編集

  • 小松英樹「並べて強くなる21世紀への入魂譜」(「棋道」誌1999年1月号)

外部リンク編集