メインメニューを開く

張田 京(はりた たかし、1964年3月27日 - )は、南関東船橋競馬場所属の調教師、元騎手。同じ船橋競馬場所属の騎手・張田昂は息子[2]

張田京
Takashi-Harita20100830.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1964-03-27) 1964年3月27日(55歳)
騎手情報
所属団体 千葉県競馬組合
所属厩舎 岡林光浩船橋
勝負服 赤、黄襷、袖緑
初免許年 1981年
免許区分 平地
騎手引退日 2015年3月31日
重賞勝利 65勝[1]
通算勝利 地方21852戦2600勝[1]
中央308戦7勝
調教師情報
初免許年 2015年4月1日
経歴
所属 船橋競馬場
テンプレートを表示

来歴編集

1981年、騎手免許取得。4月19日に初騎乗を果たし、4月27日に初勝利を挙げる。

1994年9月18日、中央競馬 (JRA) 初騎乗となった中山競馬第2競走では3番人気のレオダンヒルで4着だった。同日行われた第40回産経賞オールカマーで7番人気のウィナーズステージでJRA重賞初騎乗を果たすも8着という結果だった。

2000年2月9日、川崎記念インテリパワーで制し、統一G1初勝利。

2002年4月20日、3回東京競馬1日目第4競走3歳未勝利を11番人気のシーサイドスワンで勝利し、JRA初騎乗から約8年で初勝利をあげる。

2003年、長男・昂がJRA競馬学校騎手課程に第22期生として入学するも退学。その後地方競馬教養センターに再入学。

2007年9月21日大井競馬第11競走爽秋賞でチェレブラーレに騎乗し勝利、地方通算2000勝を達成。

2010年4月20日大井競馬第7競走でハーミアに騎乗した際に、油断騎乗から2着に敗れ8日間の騎乗停止処分を受ける。

調教師に転身するため最後の騎乗となった2015年3月31日の川崎競馬第9競走・花吹雪特別をノブペイジで勝ち、地方競馬通算2600勝を達成した[1]

主な騎乗馬編集

脚注編集

関連項目編集