メインメニューを開く

張 百麟(ちょう ひゃくりん)は清末民初の革命家・政治家・ジャーナリスト。貴州辛亥革命を指導した革命派の人物である。石麒

張百麟
Zhang Bailin.jpg
プロフィール
出生: 1878年光緒4年)
死去: 1919年民国8年)10月(享年42)
中華民国の旗 中華民国(北京政府)上海市
出身地: 清の旗 貴州省貴陽府貴築県
職業: 革命家・政治家・ジャーナリスト
各種表記
繁体字 張百麟
簡体字 张百麟
拼音 Zhāng Bǎilín
和名表記: ちょう ひゃくりん
発音転記: ジャン バイリン
ラテン字 Chang Pai-lin
テンプレートを表示

事跡編集

15歳で貴陽府諸生となる。1902年光緒28年)、日本に留学して早稲田大学法政速成科に入り、翌年に帰国した。1907年(光緒33年)、公立貴州法政学堂に入学し、同年12月に、貴陽で革命派の組織である自治学社を結成した。1909年宣統元年)、張百麟は自治学社社長となり、『自治雑誌』・『西南日報』などの機関紙を発行している。翌年、貴州省咨議局議員に選出された。

1911年宣統3年)10月に辛亥革命が勃発すると、11月に張百麟は新軍を率いる楊藎誠趙徳全らとともに蜂起し、貴州軍政府を樹立した。楊が都督となり、張は枢密院院長に任じられている。しかし軍政府内では、張らの革命派、趙らの新軍のグループと、任可澄らの立憲派、劉顕世らの旧軍のグループとの間で激しい対立が生じていた。そして任・劉らは、翌1912年民国元年)3月、唐継尭率いる滇軍(雲南軍)を貴陽に招きいれ、張・趙らのグループを粛清してしまったのである。張自身は九死に一生を得て上海へ脱出した。

同年5月、張百麟は上海で西南協会政治促進会を結成した。8月には、国民党に加入している。翌年の二次革命(第二革命)に際しては、黄興の下で秘書長をつとめた。1916年(民国5年)7月、北京政府内務部参事兼高等警官学校副校長となっている。その翌年には辞職して南下し、孫文(孫中山)の護法運動に加わる。護法軍政府においては、当初、司法部部長に任ぜられたが、病のため就任できなかった。

1919年(民国8年)10月、上海にて病没。享年42。

参考文献編集