張 舜龍(ちょう しゅんりゅう、朝鮮語: 장순룡1255年 - 1297年)は、高麗の宮廷に仕えたウイグル系ムスリム文官で、荘穆王后の師父である[1]忠烈王に降嫁したクビライの娘のクトゥルク・ケルミシュ(荘穆王后)の「家の子郎党(ゲルン・コウン)」として高麗宮廷に入り[2]、郎将から将軍、宣武将軍・鎮辺管軍総管、大将軍、副同知密直司事、同知密直司事と昇進し、僉議参理在任中に44歳で死去した[3]

張舜龍
各種表記
ハングル 장순룡
漢字 張 舜龍
日本語読み: ちょう しゅんりゅう
テンプレートを表示

朝鮮氏族徳水張氏の始祖である。

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 伊藤英人「朝鮮半島における言語接触」東京外国語大学語学研究所論集、第18号、p72
  2. ^ 『高麗史』巻123列伝36,「張舜龍、本回回人、初名三哥、父卿事元世祖、為必闍赤。舜龍、以斉国公主怯憐口来授……」
  3. ^ 矢島洋一近代中国における回民コミュニティの経済的・文化的活動」 2013年6月12日

参考文献編集