メインメニューを開く
張蔭桓.jpg

張 蔭桓(ちょう いんかん、Zhang Yinhuan1837年 - 1900年)は、末の外交官・官僚。字は皓巒、号は樵野または紅棉居士広東省南海出身。

若い時から科挙に挑戦していたが、及第しなかったため諦め、1862年に叔父に従って済南へ行き、金銭を納めて知県の地位を手に入れた。その後、山東巡撫の幕僚となり、巡撫の閻敬銘丁宝楨からその能力を評価されて道員に推薦され、按察使に昇進した。

やがて北京に召されて総理各国事務衙門に入り、戸部左侍郎に昇進し、その後も工部・刑部・兵部・礼部・吏部を歴任した。1885年にはアメリカスペインペルー公使となった。在任中は華僑の労働者(華工)の問題について協議している。

1895年日清戦争北洋艦隊が惨敗したため、朝廷は講和のために張蔭桓と湖南巡撫邵友濂を全権大使として派遣した。しかし全権委任状の不備のために交渉を拒絶され、結局李鴻章と交代することになった(李鴻章は下関条約を調印)。1897年にはイギリス・アメリカ合衆国・フランスドイツロシアを歴訪した。

張蔭桓は変法運動を支持しており、康有為とも親密であったため、戊戌の政変後、新疆省へ流罪となった。1900年、義和団の乱の最中に流刑先で処刑された。

著書編集

  • 『三洲日記』
  • 『鉄画楼詩続鈔』