ローマ王タルクィニウスの息子セクストゥスに凌辱される人妻ルクレティア。貞操を奪われたルクレティアの抗議の自殺がきっかけとなり、ローマの王政は滅ぼされた

強姦の歴史(ごうかんのれきし)は、古代から現代まで続いてきた性暴力について述べる。

目次

古代・中世編集

強姦の概念の始まりは神話・宗教の世界にまで遡る。ギリシア神話においてゼウスエウローペーあるいはガニュメーデースの話も強姦に類似した誘拐と表される。仏教では龍樹の、透明人間となり多くの女性との交合を果たす伝説がある。

性的暴力は、少数民族奴隷先住民難民貧困層また大規模災害などによって生まれた社会的弱者に対して行われたり、刑務所や収容施設内、そして戦時下においてしばしば行われてきた。内乱や戦時下では大規模な集団レイプもしばしば発生する。(戦時性暴力) また、非戦時下においても、権力者による性の専横、例として西欧領主の初夜権などがある。

古来より戦争には兵士による女性の強姦が付き物であり、陥落した城塞、征服された民族、捕虜となった少なからぬ女性は(戦った兵士への褒美や敵への見せしめという意図もあり)強姦の対象になった。最も有名なのはモンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンとその係累・後裔であろう。帝国による降伏勧告を受け入れず抵抗の後征服された都市はことごとく破壊・略奪・殺戮され、女性も戦利品として王侯・軍隊などの権力者以下にあてがわれた。 世界各地の男性のY染色体を調べた結果、かつてのモンゴル帝国の版図に高率で共通の染色体が検出されたという話さえある[1]

古代から中世まで、強姦は女性に対する貞操観念の結果として犯罪として見られた。その結果、処女の強姦は、非処女及び売春婦に対する強姦よりしばしば更に重大な犯罪であった。そのため、純潔が害されないであろうとみなされた女性、身持ちの悪い女性は、いくらかの法において犯罪ではなかった。かつての西欧では強姦や近親姦があってもそれは被害者の問題ではなく、その所有者の問題であった。

西欧では、紀元前4世紀のアレクサンドロス軍にも、多数の女性が含まれており、娼婦や女性捕虜は強姦されていたと考えられている[誰によって?]。また、クセノポンのギリシア人傭兵部隊の性欲処理の対象には多数の若者少年も含まれていた。8世紀以降国家が西欧で分裂し小規模な軍隊が作られた事で、軍による強姦はより散発的に起こるようになった。14世紀以降人口の増加もあり、西洋では傭兵が溢れかえった。国家はそれら傭兵を養うだけの財産がなく強姦する部隊が増加した。これに対し、百年戦争(1337年-1453年)の頃に強姦犯に有罪を宣告して、実行する基本的な方針が形成された。

近世編集

西欧において、カトリック教会の聖職者らによる少年へのレイプは、少なくとも18世紀には深刻な問題として認められていた[2]。しかしこの問題は、21世紀になるまでほとんど表面化しなかった[要出典]

近世日本では、主に江戸時代において、1747年に制定された公事方御定書下巻(いわゆる御定書百箇条)では「強姦をした者は重追放手鎖」「幼女強姦をした者は遠島」「輪姦をした者には獄門もしくは重追放」などそれぞれ重罰が科せられていた。

近代・現代編集

戦中・戦後の事例編集

近代から現代にかけては、戦時下や終戦直後に各国軍隊による敵国女性へのレイプが少なからず発生した。近代の日本においては、米軍に所属する将兵による強姦事件が多発している(cf. 占領期日本における強姦)。沖縄県では、1972年の本土復帰以降、米軍の強姦事件が、明るみに出ているだけで120件以上の発生している[要出典]

ベトナム戦争中、アメリカ軍兵士によるベトナム人女性の強姦、買春も多発し、混血児が多数存在している。また韓国軍兵士による、レイプ、買春によって多数の混血児(ライタイハン)が生まれ問題になっている。 ほか、1990年のクウェート侵攻でのイラク軍によるクウェート女性への、1991年から1995年のボスニア紛争でのセルビア民兵によるムスリム人女性への、1994年のルワンダでのフツ族軍によるツチ族女性への事例[要出典]などが起きている。

法律編集

日本では1907年(明治40年)に刑法が制定されたが、その当時強姦罪は娘と妻を性的に家父長の支配下に置こうとするものであった。

アメリカ合衆国ではピューリタンの植民地でレイプを死刑と定めた。死刑の罪状としてレイプというものがあり、多くの黒人が処刑された。南部を中心に、レイプを死刑とする動きは続いた。だが、1972年にレイプを罪状とする死刑にアメリカで違憲判決が出された[3]。1970年代以来、女性解放運動により社会的情勢・法的態度は変化した。また、1980年代以降認知されてきた男性に対する性的暴行をどう扱うか、という問題に関しては、現在複数の州で様々な形で法改正がなされてはいる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アダムの呪い[要ページ番号]
  2. ^ サクラメントゥム・ペニタンツィエ英語版』(1741年)。
  3. ^ 松島哲久「性と人権 - 性的暴力を許さないために (PDF) 」 、『大阪薬科大学紀要』65-73、大阪薬科大学2007年NAID 400155674202009年6月6日閲覧。

参考文献編集

関連資料編集

関連項目編集

外部リンク編集