強敵あらわる』(Old Rockin' Chair Tom1948年9月18日)は、「トムとジェリー」の作品の一つ。

スタッフ

編集

作品内容

編集

今日もジェリーを捕まえることの出来なかったトム。呆れたお手伝いさんは『もう年だから現役引退ね』と見限り、新しいネコを飼うことにした。「ライトニング(Lightning)」と呼ばれるそのネコは、文字通り電光石火のごとくジェリーを捕まえ、蹴飛ばして家の外に追い出してしまう。

ライトニングはお手伝いさんの前では紳士的に振る舞うものの、裏では冷蔵庫の食べ物を食い散らかすズル賢いネコだった。さらにライトニングは、その濡れ衣をトムに着せた挙句、自らの手でジェリーと同じようにトムを思い切り蹴飛ばし家から追い出してしまう。

怒り心頭のトムとジェリーは、自分たちの居場所を取り戻すために共闘を決意し、ライトニングを家から追い出す作戦を立てる。こっそりと家に侵入した2人は早速、熟睡中のライトニングの体内に磁石を使って口からアイロンを入れる。目覚めたライトニングはジェリーを捕まえようとするが、トムの操る磁石によって高スピードによる移動を封じられ引き寄せられてしまう。このような、ライトニングとトムとジェリーのドタバタが続くうちにお手伝いさんは物音に目覚めた結果、またしてもジェリーによるイタズラの標的に。急いで助けに向かうライトニングだったが、体中に入ったアイロンがトムの駆使する磁石に吸着して身動きが取れない。

なかなか助けに来ないライトニングに痺れを切らしたお手伝いさんは、ついに追い出したはずのトムヘ助けを懇願する。トムはジェリーを捕まえると、ジェリーをコテンパンにする芝居をしてお手伝いさんを喜ばせる。

この事がきっかけで役立たずと見なされ、家から追い出されることになったライトニング。今度はやられた恨みを晴らすために申し出たトムが、ライトニングの尻を勢いよく蹴飛ばして追い出す。その際ライトニングの尻の中に入っていたアイロンで足をケガしてしまうが、ジェリーを捕らえれなかった事や、ほんの一瞬でも冷蔵庫荒らしを疑ったことを謝るお手伝いさんから、お詫びの印としてカスタードパイをもらう。トムはそのパイの半分を、ジェリーと共に仲良く分け合うのだった。

登場キャラクター

編集
トム
お手伝いさんに老いぼれとして見切りをつけられ新入りのライトニングにジェリー共々追い出されてしまう。その後、ジェリーと協力してライトニング追放作戦を決行。ライトニングの役目を奪い「我が家のネコ」の座を取り戻し、ライトニングを追い出した。最後はお手伝いさんからカスタードパイをもらい、半分をジェリーに分け与えた。
ジェリー
トムと協力してライトニングを追い出す。お手伝いさんにイタズラを働き、わざとトムに捕まる芝居を行う。最後はカスタードパイをトムから半分もらった。
お手伝いさん
ジェリー捕獲に失敗してばかりいるトムを見限り、新しいネコとしてライトニングを飼い始める。ライトニングが手癖の悪いネコである事を知らずにいたが、(トムとジェリーの策略にはまり)助けに来ないライトニングを役に立たないネコだと判断し、トムを再び迎え入れる。その後はトムに自らの非礼を詫び、パイを与えた。
ライトニング(日本語版では、お手伝いさんに「稲妻ジョー」と呼ばれている)
トムの後継として迎えられた動きの素早いネコ。名前通り「稲妻」の如き敏捷性と手際の良さでジェリーをも素早く追い出してしまう。お手伝いさんには紳士的だが、隠れて冷蔵庫漁りをする上にその濡れ衣をトムに着せるなど性格は腹黒い。やがてトムとジェリーの策略にはまって体内にアイロンを入れられ、トムが操る磁石に吸着されて自由に動けなくなってしまい、お手伝いさんから見切りをつけられお役御免となった。

米国で問題のシーン

編集

作品の序盤にトムがライトニングに付け髭をされおじいさんのようになるシーンでは英語版だと「take good care of poor old Uncle Tom.」(可哀想なトムおじさんの世話をしてやっておくれ。)というセリフが黒人差別について取り扱った小説、アンクル・トムの小屋について言及されているためアメリカのカートゥーンネットワークブーメランでの放送時には上記のセリフが吹き替えなおされ「take good care of poor old Tom」(可哀想なトムの世話をしてやっておくれ。)とおじさんというセリフが削除されている。

関連項目

編集