当事者団体(とうじしゃだんたい)とは、社会問題をかかえる個人(当事者)らが結成した社会的な団体を指す。当事者組織(とうじしゃそしき)や当事者組合(とうじしゃくみあい)、当事者集団(とうじしゃしゅうだん)、当事者会(とうじしゃかい)などとも呼ばれる。当事者の社会的な利益団体の一つ。

当事者同士の連帯親睦互助や社会に向けてのアドボカシーを行うことを目的として、活動する。

日本の場合、社会福祉の文脈で活動する団体をさす場合が多く、当事者同士のヘルプセルプ活動アドボカシーに重きを置いて活動したり[1]地域社会で活動している各地の社会福祉協議会連携した活動を行って活動することが多い[2]

当事者団体の例 編集

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ 「ノーマライゼーション 障害者の福祉」 2008年9月号 当事者団体と権利擁護活動(日本障害者リハビリテーション協会 情報センター)
  2. ^ 社会福祉協議会の紹介(徳島県社会福祉協議会の公式サイト)