メインメニューを開く

当麻皇子(たいまのみこ、敏達天皇3年(574年?)以降用明天皇元年(586年?)以前 - 没年不詳)は、古墳時代後期から飛鳥時代前期にかけての皇族麻呂子皇子ともいう。用明天皇の第三皇子。

当麻皇子

続柄 第31代用明天皇の第3皇子
出生 敏達天皇3年(574年?)以降、用明天皇元年(586年?)以前
死去 不詳
配偶者 舎人皇女欽明天皇皇女
子女 束田王
忍田王
当麻豊浜
父親 用明天皇(第31代天皇
母親 葛城広子葛城磐村の女)または葛木伊比古郎女葛木当麻倉首比里古の女)
役職 征新羅将軍
テンプレートを表示

経歴編集

推古天皇10年(602年征新羅大将軍であった異母弟の来目皇子薨去した後、翌推古天皇11年(603年)4月に征新羅将軍となった。難波から船で出発したが、播磨国明石で妻である舎人皇女薨去したことから、皇女を明石に葬った後引き返したという。

系譜編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

註釈編集

  1. ^ 子に当麻桜井武蔵国司)。

出典編集

  1. ^ 日本書紀
  2. ^ 本朝皇胤紹運録
  3. ^ 古事記
  4. ^ a b 鈴木真年『諸系譜』巻6 都留
  5. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻9 登美真人

参考文献編集

  • 宇治谷孟『日本書紀 (下)』講談社学術文庫、1988年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年