メインメニューを開く

彦狭島命(ひこさしま(古事記ではひこさめま)のみこと)は、古墳時代の皇族。孝霊天皇の皇子で、母は、絙某弟氏鹿氏越智氏の祖とされる。子に小千王子(三男)。父の命で、伊予を統治し、伊予皇子という別名をもつ。また、愛媛県伊予郡松前町にある伊予神社の主祭神でもある。なお、景行天皇55年(125年)に東山道15カ国の都督となるも、任地に行く途中で死んだ、彦狭島王との関係は不明(おそらく別人)。