メインメニューを開く

彩の国シェイクスピア・シリーズ(さいのくにシェイクスピアシリーズ)は、埼玉県さいたま市にある彩の国さいたま芸術劇場で、シェイクスピア全37作を上演する企画。演出家の蜷川幸雄を初代芸術監督に迎え、1998年平成10年)よりスタート。主催は財団法人埼玉県芸術文化振興財団

作品の多くはさいたまで上演後、地方公演を行う。また、海外の演劇祭などに招聘される機会も少なくない。シリーズ開始当初は「13年間で全作品上演」を謳っていたが、近年は期限についての明記はされていない。

初代芸術監督の蜷川が2016年(平成28年)5月12日に他界した為、2代目芸術監督として俳優・演出家の吉田鋼太郎を招聘し、第33弾以降よりシリーズ完結まで務めることが決定した[1][2]

上演作品編集

  • 第33弾『アテネのタイモン』 2017年12月15日 - 29日 大ホール
    演出:吉田鋼太郎 翻訳:松岡和子 出演:吉田鋼太郎、藤原竜也、柿澤勇人、横田栄司 ほか
  • 第34弾『ヘンリー五世』 2019年2月8日 - 24日 大ホール
    演出:吉田鋼太郎 翻訳:松岡和子 出演:松坂桃李、吉田鋼太郎、溝端淳平、横田栄司、中河内雅貴、河内大和 ほか

企画委員会編集

脚注編集