影を斬る』(かげをきる)は、1963年3月1日に公開された、池広一夫監督、主演市川雷蔵による時代劇コメディ映画である[1][2]

影を斬る
監督 池広一夫
脚本 小国英雄
出演者 市川雷蔵
瑳峨三智子
音楽 斎藤一郎
撮影 武田千吉郎
編集 菅沼完二
配給 大映
公開 日本の旗 1963年3月1日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

伊達藩の剣術指南役でありながら、遊興にふけている井伊直人が、家老の娘の定と結婚。定が侍としての鍛錬を怠っている井伊を立ちなおせるため、一計を案じて井伊を更生させる模様をコメディタッチで描いた作品である[3]

あらすじ 編集

スタッフ 編集

配役 編集

併映作品 編集

脚注 編集

  1. ^ キネマ旬報1963年3月上旬増大号 p.11
  2. ^ 影を斬る”. 日本映画情報システム 文化庁. 2022年8月22日閲覧。
  3. ^ 影を斬る”. 映画の時間. 2022年8月22日閲覧。

外部リンク 編集