メインメニューを開く

影山 貴彦(かげやま たかひこ、1962年12月28日 - )は、日本のメディア評論家。同志社女子大学学芸学部メディア創造学科教授。コラムニスト。専門は、放送を中心としたメディア研究(メディアエンターテインメント論)。血液型はB型。既婚。

かげやま たかひこ
影山 貴彦
生誕 (1962-12-28) 1962年12月28日(56歳)
日本の旗 日本 岡山県岡山市
出身校 早稲田大学政治経済学部
関西学院大学大学院文学研究科
職業 大学教員
メディア評論家
コラムニスト
毎日放送 (MBS)プロデューサー
日本笑い学会理事

目次

来歴編集

岡山県岡山市生まれ。岡山県立岡山芳泉高等学校(五期生)を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。後に文学修士号(関西学院大学大学院)取得(2000年)。関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程中退。

1986年4月に株式会社毎日放送(MBS)に入社、2001年9月にMBSを退社。2002年4月から同志社女子大学准教授を経て現職。MBS在籍中の制作代表番組に「MBSヤングタウン」がある。テレビ・ラジオ番組の企画(編成)、制作業務に15年半従事した。

著書編集

連載コラム編集


  • 読みテレ・影山貴彦のウエストサイドTV((読売テレビwebマガジン)2019年4月-
  • 愛しあってるかい!名セリフと名場面で振り返る平成ドラマ30年史(関西ウォーカーweb)2018年8月-
  • 影山貴彦のテレビコラム・テレビのホンネ。がんばれ関西ローカル!(関西ウォーカー)2016年3月-
  • 影山貴彦のテレビ燦々(毎日新聞)2016年1月-
  • テレビドラマがあった時代(ダーナ)2012年1月-2012年11月
  • 日だまりカフェ(読売新聞)2010年7月
  • 今を生きよう、とことんおっさん(ダーナ)2006年-2008年
  • メディア横丁(朝日新聞)2004年4月-2004年9月
  • 潮音風声(読売新聞)2003年10月-2003年12月

社会活動編集

受賞編集

  • 雑誌「上方芸能」150号記念論文優秀賞受賞(2003年)
    • 受賞論文:「上方芸能、その愛すべき閉鎖性についての提言」(「上方芸能」153号 2004年9月)
  • 公益信託高橋信三記念放送文化振興基金(2002年)

所属学会等編集

出演番組編集

レギュラー編集

ゲスト編集

シンポジウム編集

  • 関西テレビ制作現場と教育現場からみたメディアリテラシー(2018年3月28日)講演およびモデレータ
  • Inter BEE2017「準キー局よもやま話~東京とローカルの狭間で」(2017年11月17日)モデレータ
  • 日本笑い学会第23回全国大会シンポジウム「おもろ大阪 笑うまちには福来る」(2016年7月17日)コメンテーター
  • 第63回民間放送全国大会 テレビシンポジウム「ローカルコンテンツとテレビのこれから」(2015年11月10日)コメンテーター
  • NHK文研フォーラム2015 「放送90年これまで、そしてこれから」 テレビ視聴の東西差を探る(2015年3月3日)コメンテーター

免許・資格編集

ゼミ卒業生編集

参考文献・資料編集

外部リンク編集