影浦 心(かげうら こころ、1995年〈平成7年〉12月6日 - )は、愛媛県出身の、日本の男性柔道選手である。階級は100kg超級。身長179cm。体重114kg。血液型はA型。組み手は左組み。段位は参段。得意技は背負投[1][2]

獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
世界選手権
2021 ブダペスト 100kg超級
世界団体
2019 東京 90kg超級
2021 ブダペスト 90kg超級
ワールドマスターズ
2019 青島 100kg超級
グランドスラム
2018 パリ 100kg超級
2021 タシケント 100kg超級
2016 東京 100kg超級
2020 パリ 100kg超級
2017 東京 100kg超級
2018 大阪 100kg超級
2019 パリ 100kg超級
2019 大阪 100kg超級
グランプリ
2017 デュッセルドルフ 100kg超級
アジア大会団体戦
2018 ジャカルタ 90kg超級
アジア選手権
2016 タシュケント 100kg超級
ユニバーシアード
2017 台北 100kg超級

経歴編集

柔道は小学校4年の時に友達に誘われたことがきっかけで、弟と一緒に松前柔道会で始めた。なお、父親は神戸製鋼所属のラグビー選手、母親も実業団のバレーボール選手だった[2][3]

松山西中学3年の時に全国中学校柔道大会90kg超級で5位になった[1]

新田高校に進学すると、インターハイ100kg超級で、1年の時は初戦敗退、2年の時に3位に入った。3年の時は2回戦で敗れた[2][4]

東海大学へ進むと、1年の時には全日本選手権に初出場するが、3回戦で旭化成西潟健太横四方固で敗れた。なお、入学直後に両靭帯のケガで長期のリハビリを強いられたことがきっかけで、大きな相手にはそれまでの内股大外刈主体のスタイルでは勝てないと思い至って、背負投主体の柔道スタイルに変更した[2][5]。2年の時に優勝大会で2位になった[6]全日本ジュニアでは準決勝で明治大学1年の小川雄勢に指導1で敗れて3位だった[1][7]体重別団体では2回戦のみの出場だったが勝利すると、チームも優勝を飾った[1]講道館杯では準々決勝で京葉ガス上川大樹GSに入ってから有効で敗れるも、その後の3位決定戦で京葉ガスの岩尾敬太横四方固で破って3位になった[8]。3年の時にはアジア選手権の準々決勝で韓国の金成民を破るなどして決勝まで進むと、地元ウズベキスタンのアブドゥロ・タングリエフに一本勝ちして優勝を飾った[9]優勝大会でも優勝を飾った[10]。10月の学生体重別では決勝で小川に指導1で敗れて2位に終わった[11]。11月の講道館杯では昨年に続いて3位となった[12]。補欠からの繰り上がりで出場となった12月のグランドスラム・東京では準決勝で九州電力七戸龍を有効で破るが、決勝では大学の3年先輩となる旭化成の王子谷剛志と対戦するも、先輩ながらそれまで一度も稽古したことがなかったので手の内が読めず、指導3で敗れて2位に終わった[2][13]。2017年2月のグランプリ・デュッセルドルフでは、準々決勝で2016年リオデジャネイロオリンピック100kg級の金メダリストで階級を上げてきたチェコのルカシュ・クルパレクGSに入った直後に背負投で破るなどして決勝まで進むと、リオデジャネイロオリンピック銀メダリストであるJRA原沢久喜との対戦では開始早々に大内刈を返して技ありを奪ってIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[14][15]。この際に、「原沢さんに勝てたことは素直にうれしいですし、ここで優勝しないと次はないと思って強気で臨みました。返し技を狙っていたので、研究していたことが出来て良かったです。世界選手権を本気で狙いにいきたいと思います」と語った[16]。3月の全日本選手権は東京予選で81kg級の選手である海老泰博に判定で敗れて本戦出場はならなかった。4年の時には柔道部の副主将となった。なお、同級生である主将のウルフ・アロンとは寮の同部屋で、ウルフの勧めでウェイトトレーニングを本格的に始めるなど影響を受けたという[17][18]。4月の体重別では準決勝で原沢から技あり2つを取って勝利するが、決勝で王子谷に送襟絞で敗れて2位にとどまった[19]。6月の優勝大会では2連覇を果たした[20]。8月のユニバーシアードでは決勝で韓国のジュ・ヨンソを一本背負投の技ありで破って優勝した。団体戦でも決勝のロシア戦で勝利してチームは優勝を飾った[21][22][23]。10月の体重別団体では決勝の国士舘大学戦で山田伊織に一本勝ちしてチームの優勝に貢献した[24]。11月の世界選手権(無差別)では初戦でハンガリーのボル・バルナ、2回戦で100kg級の世界2位であるジョージアのヴァルラーム・リパルテリアニにそれぞれ一本勝ちすると、3回戦でオランダのロイ・メイヤーを技ありで下すなどするが、準決勝では100kg級の選手であるベルギーのトマ・ニキフォロフに小外掛で敗れると、3位決定戦でも王子谷に反則負けを喫して5位に終わった[25][26]。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で世界選手権2位であるブラジルのダビド・モウラを破るが、準決勝でクルパレクにGSに入ってから隅返で敗れて3位だった[27]。2018年2月のグランドスラム・パリでは準決勝でジョージアのグラム・ツシシビリにGSに入ってから顔に膝蹴りを入れられて反則勝ちすると、決勝では金成民をGSに入ってから小内刈で破ってグランドスラム大会初優勝を飾った[28][29]

4月からはJRAの所属となった[1][30]。体重別では準決勝で原沢に敗れて3位だった[31]。続く全日本選手権では3回戦で100kg級の選手である新日鉄住金西山大希にGS含めて8分近い戦いの末に反則負けを喫した[32]。なお、アジア大会の団体戦代表には選ばれた[33]。8月のグランプリ・ブダペストでは準決勝でメイヤーを技ありで破ると、決勝でオーストリアのシュテファン・ヘギィをGSに入ってから払巻込の技ありで破って優勝した[34][35]。9月のアジア大会男女混合団体戦では初戦の韓国戦で金成民に反則勝ちしてチームを勝利に導くと、その後の試合には出場しなかったがチームは優勝を飾った[36][37]。11月の講道館杯では決勝で新日鉄住金の佐藤和哉にGSに入ってから反則勝ちして優勝した。この際に次のように語った。「ここからがスタート。勘違いでもいいから“僕が一番強い”と思って東京五輪を目指したい。東京五輪では(五輪2連覇中の)リネール選手を倒すと決めているので」[38]。11月のグランドスラム・大阪では準決勝でクルパレクに腕挫十字固で敗れるも、3位決定戦でモンゴルのナイダン・ツブシンバヤル払巻込で破って3位になった[39]。12月のワールドマスターズでは準決勝でツシシビリに反則負けすると、3位決定戦ではロシアのタメルラン・バシャエフに技ありで敗れて5位に終わった[40]

2019年2月のグランドスラム・パリでは準々決勝でイスラエルのオル・サッソンに技ありで敗れて3位だった[41]。4月の体重別では初戦で佐藤に反則負けした[42]。続く全日本選手権では準々決勝で千葉県警加藤博剛に開始早々の支釣込足で敗れて5位に終わった[43]。なお、世界団体のメンバーに選ばれた[44]。6月には実業団体でチームの2年ぶりの優勝に貢献した[45]。7月のグランプリ・ブダペストでは準決勝で世界ジュニアチャンピオンであるジョージアのゲラ・ザアリシビリを大外刈で破るなど全て一本勝ちして決勝まで進むも、決勝ではサッソンにGSに入った直後に技ありを取られて2位に終わった[46]。9月の世界団体では初戦の韓国戦で世界選手権3位のキム・ミンジョン、準決勝のブラジル戦でモウラをそれぞれ背負投で破ると、決勝のフランス戦でリオデジャネイロオリンピック100㎏級3位のシリル・マレ送足払で破るなど全て一本勝ちしてチームの優勝に貢献した[47][48][49]。10月のグランドスラム・ブラジリアでは初戦でフランスのテディ・リネールと対戦すると、10分近い戦いの末に払腰の技ありで敗れた[50]。11月のグランドスラム・大阪では準々決勝でロシアのイナル・タソエフに合技で敗れるも、その後の3位決定戦で大学の先輩である綜合警備保障熊代佑輔を背負投で破って3位になった[51]。12月のワールドマスターズでは準々決勝でクルパレクに反則負けするも、その後の3位決定戦でタソエフを送足払で破って3位になった[52][53]

2020年の元日には中学時代の1年後輩と結婚した[54]。2月のグランドスラム・パリでは3回戦で地元のリネールと対戦すると、GSに入ってから内股すかしの技ありで破って、2010年9月に世界選手権無差別決勝で上川大樹に1-2の判定で敗れて以来9年5か月続いてきたリネールの連勝記録を154で止めた。リネールが技でポイントを取られて敗れたのは2007年12月の嘉納杯3位決定戦で高井洋平に技ありで敗れて以来12年2か月ぶりのこととなった[55][56]。本人はこの試合に関して、「リネール選手に勝てたのは本当に大きい。倒せるのは自分だけ。勝つ自信はありました」とコメントした。その後の準々決勝でタソエフ、準決勝でブラジルのラファエル・シルバをそれぞれ破るも、決勝でオランダのヘンク・フロルに小内刈で一本負けして2位に終わり、優勝はならなかった[57][58][59]。その後に開かれた強化委員会で、安定感という点で原沢久喜に及ばないと判断されて東京オリンピック代表に選出されなかった。グランドスラム・パリで10年近く不敗だったリネールを破ったことで高評価されるも、直近1年間の国際大会で優勝しておらず、ルカシュ・クルパレク、グラム・ツシシビリらをはじめとする他の有力外国人選手との勝率が選定されない要因になったという[60][61][62][63]。11月の講道館杯では準決勝で小川を技ありで破ると、決勝でも佐藤を技ありで破って今大会2年ぶり2度目の優勝を飾った[64][65]。続いて、2021年に延期された東京オリンピックの補欠に選ばれた[66]。12月の全日本柔道選手権では3回戦で大学の先輩である旭化成の羽賀龍之介に11分半に及ぶ戦いの末に反則負けを喫した[67][68]

2021年3月のグランドスラム・タシケントでは決勝で金成民を技ありで破って、2年半ぶりの国際大会優勝を飾った[69][70]。4月の体重別は出場しなかったが、世界選手権代表に選出された[71]。6月の世界選手権では準決勝でシルバに反則勝ちするなどオール一本勝ちで決勝まで進むと、決勝はバシャエフを技ありで破って世界選手権初優勝を飾った。なお、男子100超級における日本人選手の優勝は2003年大阪大会の棟田康幸以来18年ぶりのこととなった[72][73]世界団体では決勝のフランス戦のみの出場となったが、セドリク・オリバルと対戦する前にチームが優勝を決めてしまったために、出番がなかった[74][75]

IJF世界ランキングは3774ポイント獲得で3位(21/6/28現在)[76]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 「柔道全日本強化選手名鑑 2021」近代柔道 ベースボールマガジン社、2021年5月号
  2. ^ a b c d e 影浦心 著名な柔道選手インタビュー
  3. ^ 影浦心(東海大学柔道部/愛媛県松山市出身)第2回「“気は優しくて力持ち”が喫した一本負け」
  4. ^ 影浦心(東海大学柔道部/愛媛県松山市出身)第3回「愚直に己を磨いた3年間」
  5. ^ 影浦心(東海大学柔道部/愛媛県松山市出身)第4回「屈辱がエネルギーになる」
  6. ^ 全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  7. ^ 東海大学体育会柔道部 | 男子部員介
  8. ^ 「講道館杯全日本柔道体重別選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2015年12月号
  9. ^ 影浦と大野が優勝=柔道アジア選手権[リンク切れ] 時事通信 2016年4月17日
  10. ^ 東海大が2年ぶり21度目V!全日本学生優勝大会/柔道 サンケイスポーツ 2016年6月26日
  11. ^ 平成28年度全日本学生柔道体重別選手権大会
  12. ^ 平成28年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  13. ^ Judo Grand-Slam Tokyo 2016
  14. ^ 男子100キロ超級、影浦が原沢破りV 柔道GP大会 日本経済新聞 2017年2月27日
  15. ^ 柔道国際大会 男子100キロ超 影浦が日本勢対決制し優勝 NHK 2017年2月27日
  16. ^ ドイツでVの影浦心が帰国「世界選手権狙いに行く」 - 柔道 日刊スポーツ 2017年2月28日
  17. ^ 影浦心(東海大学柔道部/愛媛県松山市出身)第1回「煌き始めた重量級の新星」
  18. ^ 影浦心(東海大学柔道部/愛媛県松山市出身)最終回「陽の当たる場所へ出てきた要因」
  19. ^ 平成29年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  20. ^ 平成29年度全日本学生柔道優勝大会[リンク切れ]
  21. ^ 男子100キロ超級の影浦が金メダル第1号/夏季ユニバ サンケイスポーツ 2017年8月20日
  22. ^ 柔道団体、男女とも金[リンク切れ] 時事通信 2017年8月24日
  23. ^ Daily Competition Schedule Judo
  24. ^ 柔道 全日本学生体重別団体優勝大会 男女とも2冠達成 NHK 2017年10月29日
  25. ^ 王子谷が3位決定戦で影浦下す 世界無差別級選手権/柔道 サンケイスポーツ 2017年11月12日
  26. ^ A Legend, a Giant, a King: Riner wins gold in Morocco
  27. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  28. ^ 影浦、向、藤原がV 新井2位 柔道グランドスラム - 柔道 日刊スポーツ 2018年2月12日
  29. ^ Gold Medals, Good Judo and Fairplay
  30. ^ 柔道100キロ超級の影浦心が来春JRA入りへ - 柔道 日刊スポーツ
  31. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  32. ^ 平成30年全日本柔道選手権大会
  33. ^ 柔道・小川ジュニア初の世界切符、世界選手権&アジア大会代表発表 デイリースポーツ 2018年4月29日
  34. ^ 【柔道】梅木真美、ウルフ・アロン、影浦心がV グランプリ大会 産経新聞 2018年8月13日
  35. ^ Budapest Grand Prix 2018, Hungary – Day three
  36. ^ 柔道混合団体、日本が優勝 アジア大会 日本経済新聞 2018年9月1日
  37. ^ アジア大会:柔道混合団体、日本「金」 初代王者に 毎日新聞 2018年9月1日
  38. ^ 100キロ超級は影浦心がV「五輪でリネール選手倒す」 デイリースポーツ
  39. ^ Grand-Slam Osaka 2018
  40. ^ World Masters Guangzhou 2018
  41. ^ Grand Slam Paris 2019
  42. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  43. ^ 平成31年全日本柔道選手権大会
  44. ^ 世界選手権100キロ超級代表に全日本V逸の原沢を選出 井上監督は「絶対的に勝てる自力が必要」と叱咤 スポーツ報知 2019年4月29日
  45. ^ ベイカー、復調に手応え=柔道全日本実業団体対抗 時事通信 2019年6月9日
  46. ^ Budapest Grand-Prix 2019
  47. ^ 日本が男女混合の団体戦3連覇=決勝でフランス下す-世界柔道 時事通信 2019年9月1日
  48. ^ 影浦心、3戦とも一本勝ち「アピールすることしか考えていなかった」/柔道 サンケイスポーツ 2019年9月2日
  49. ^ Word Championship Teams 2019
  50. ^ 飯田健太郎が優勝 影浦心はリネールに敗れる - 柔道 日刊スポーツ 2019年10月9日
  51. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  52. ^ 原沢久喜が優勝、ウルフ2位 影浦3位/柔道 サンケイスポーツ 2019年12月14日
  53. ^ World Masters Qingdao 2019
  54. ^ リネール倒した影浦が元日結婚公表「優勝できるように」結婚指輪はゴールド スポーツニッポン 2020年2月11日
  55. ^ 柔道五輪連覇154連勝中のリネールを影浦心が破る 日刊スポーツ 2020年2月9日
  56. ^ 柔道・影浦、笑顔なし銀メダル 10年間無敗“絶対王者”リネール撃破も…決勝で無念 スポーツニッポン 2020年2月11日
  57. ^ 影浦、リネール破るも2位 女子70キロ級の大野優勝―柔道GSパリ 時事通信 2020年2月10日
  58. ^ 【柔道】大金星の影浦 決勝は一本負け 東京スポーツ 2020年2月10日
  59. ^ Grand Slam Paris 2020
  60. ^ 柔道東京五輪代表、新たに12選手 全柔連強化委で決定 産経新聞 2020年2月27日
  61. ^ 東京五輪 柔道 大野や阿部詩など男女合わせて12人代表内定 NHK 2020年2月27日
  62. ^ 高藤、永山との直接対決制し評価…3分の2以上で内定 スポーツ報知 2020年2月27日
  63. ^ リネール撃破の影浦が落選した理由/柔道選考解説 日刊スポーツ 2020年2月27日
  64. ^ リネールに勝った男・影浦 愛妻の愛のムチで奮起V 柔道講道館杯 スポーツニッポン 2020年11月1日
  65. ^ 2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  66. ^ 永山、朝比奈らが補欠に 東京五輪の日本代表/柔道 サンケイスポーツ 2020年11月2日
  67. ^ 優勝候補の影浦は3回戦負け 試合巧者の羽賀に屈する 柔道全日本選手権 スポーツニッポン 2020年12月26日
  68. ^ 影浦心敗れV逃す「本当に甘い。五輪は夢のまた夢」 - 柔道 日刊スポーツ 2020年12月26日
  69. ^ 五輪代表の素根が優勝 柔道GS、影浦・梅木らもV 日本経済新聞 2020年3月7日
  70. ^ Grand-Slam Tashkent 2021
  71. ^ 丸山、橋本ら選出 柔道世界選手権 時事通信 2020年4月4日
  72. ^ 柔道世界選手権 影浦心が金メダル 男子100キロ超級 | 柔道 NHK 2021年6月13日
  73. ^ World Judo Championships Hungary 2021
  74. ^ 柔道世界選手権 混合団体で日本が4連覇達成!決勝でフランスに4-0 スポーツニッポン 2021年6月15日
  75. ^ World Judo Championship Teams Hungary 2021
  76. ^ World ranking list

外部リンク編集