メインメニューを開く

待井昇

待井 昇(まちい のぼる、1954年9月21日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手投手

待井 昇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1954-09-21) 1954年9月21日(64歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手 投手
プロ入り 1972年 ドラフト9位
初出場 1974年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

日大三高では1971年、2年生の時、春の選抜中堅手兼控え投手として出場。1年上のエース渡部良克(日大-名古屋日産)の好投もあり、決勝で奥田直也投手を擁する大鉄高を降し初優勝を飾る[1]。この大会で登板の機会はなかった。同年夏の甲子園都予選では準決勝で渡部のリリーフに立つが、日大一高保坂英二に完封負け。他の1年上のチームメートに捕手、四番打者の岩沢建一(日大日産自動車)がいた。

翌年の選抜には投手として、同期の小曽根修治(電電関東)との二本柱で勝ち進む。決勝では日大櫻丘仲根正広と投げ合うが、完封を喫し準優勝に終わった[1]。他の高校同期に吉沢俊幸がいる。投手としては右の本格派で、カーブ、シュートを武器とした。

1972年ドラフト会議太平洋クラブライオンズから9位指名を受け入団。外野手に転向し、2年目の1974年には強肩俊足を活かして、主に守備固めや代走ではあるが26試合に出場、5月には中堅手として実質先発出場を果たす(柳田豊が偵察メンバー)。1975年には再び投手に転向するが一軍には出場できず、1976年限りで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1974 太平洋 26 9 8 3 1 0 0 0 1 2 1 1 0 0 1 0 0 1 0 .125 .222 .125 .347
通算:1年 26 9 8 3 1 0 0 0 1 2 1 1 0 0 1 0 0 1 0 .125 .222 .125 .347

背番号編集

  • 44 (1973年 - 1976年)

脚注編集

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年[要ページ番号]

関連項目編集