待遇表現

待遇表現(たいぐうひょうげん)とは、円滑なコミュニケーションを推進するため、上下親疎の人間関係及びその場の状況や雰囲気を認識し、言葉文章を選択して言語化することを指す[1][2][3]

目次

定義編集

坂本恵蒲谷宏1991年早稲田大学日本語研究教育センター紀要三号で発表した『待遇表現教育の構想』では、"「待遇表現」とは、「表現主体」が、ある「表現意図」を、「自分」・「相手」・「話題の人物」相互間の関係、「表現場」の状況・雰囲気、「表現形態」等を考慮し、それらに応じた「表現題材」、「表現内容」、「表現方法」を用いて、表現する言語行為である" と定義している[4]教育の場や標準としての言語の中で相手を卑下し、悪口する表現が取り上げられることは少ないため[5]、狭義には敬語表現を指して待遇表現と呼称する場合もあるが、通常は自身の持つ感情思想を直接的に表現するのではなく人間関係や場に配慮して選択的に表現する言語行為全般を指している[6]

例えば、自身に「を飲みたい」という欲求があり、これを相手に伝えたい場合、相手が誰で、現在がどういう状況なのかによって選択される表現が異なる[7]。相手が友人で表現場が友人の家であった場合、「依頼」という表現機能が選択され、「水ちょうだい」や「お水をください」といった表現が選択される。相手が目上の上司で場所が仕事場であった場合、「許可」という表現機能が選択され、「水を飲みに行っても良いですか」などといった表現が選択される。

不平等な待遇表現編集

上で、「教育の場や標準としての言語の中で相手を卑下し、悪口する表現が取り上げられることは少ない」とあったが、これを軽蔑の意図や構図が実際に会話に現れることが通常稀であると理解するのであれば、それは現実と大きく懸け離れている。

一般に、標準日本語や標準韓国朝鮮語では、貴賎・主従・尊蔑が区別される不平等・非対称な待遇表現が頻繁に用いられ、かつ社会イデオロギー上も容認推奨されている。対して、現代の規範主義的な西ヨーロッパ諸語セム諸語漢語諸語の場合、差別的・軽蔑的な非対称待遇表現が使用されているものの、規範主義的日本語や朝鮮語に比べると実際の言語使用では差別は少なく、貴賎・主従・尊蔑が区別されさない平等・対称な対称使用が広まっている。少なくとも規範主義的西ヨーロッパ諸語の場合、対称使用を後押しする人権思想や民主主義というイデオロギー的基盤もある。[独自研究?]

不平等な待遇表現の是正に関しては、平等のイデオロギーに基づくものであり、どんな地位であれ人間としての尊厳は同じであり、守られるべきとする人権思想に基づくものである。[独自研究?]Brown and Gilman (1960:271) は、例としてこの当時のアメリカですでに、労働者がその上司に非対称な丁寧な呼称を使うとしたら、人間としての尊厳が破られていると感じうるだろうと述べている。しかし、山下 (2009:75) および山下 (2012) によると、Ammon (1972) は、このような待遇表現の変化に対して、イデオロギー上、人間が平等になったのだからという理由で、貴賎・主従・尊蔑の待遇表現をなくしたとしても、人間社会である以上は力や権威の差があり、現実の不平等があるため、これだけでは却って現実に確固として存在する不平等を隠す効果を持っていると指摘している。そして、Brown and Gilman (1960) は、イデオロギー上の平等化の陰にある、相変わらず継続する実際の力の不平等を見ていないと批判している。

標準日本語の事例編集

現代の規範主義的な日本語の場合、自分が支配者であり、相手が服従者であるとして、相手を軽蔑する姿勢を、動詞接辞やコピュラ動詞によるスピーチレベルの違い [8] 、選択する語彙によるスピーチの軽重の違い [9] 、動詞 [10]や人称代名詞の使用法[11] 、呼称 [12] 、依頼表現 [13] 、感謝表現 [14] 、陳謝表現 [15] 、挨拶 [16] 、等すべての領域で明確に表現でき、実際にこれらの領域全てにおいて、貴賎や主従に応じた非対称な待遇表現が多く使用され、貴賎や主従がそのまま尊蔑に反映されている。イデオロギーとしても、これらの不平等を、劣位者・服従者が受け入れることは、「礼儀」として、これらの人々が当然守るべき義務と規範化されている [17] [18]

ネウストプニー (1974:22-23) では、この時点での現代標準日本語を、「基本的には連帯的な特徴を表現するが、身分的特徴も混ざっているシステム」としている。また、「です・ます」と、「だ・である」との使い分けについては、ネウストプニー (1974:21) で「ほとんど、目上か目下かの問題ではなく、親しさの程度による」、ネウストプニー (1974:23) で「殆ど連帯的特徴による」としている [19] 。しかし、続く部分であるネウストプニー (1974:23-24) で、当時の現代標準日本語において、「です・ます」と「だ・である」が非対称・差別的に使われる実例を、客と店員で、客を「目上」(支配者・優位者)後者を「目下」(服従者・劣位者)であると位置づけて紹介している。続いて「現代ヨーロッパ語の中では、程度は日本語より少ないが」と断った上で、現代西ヨーロッパ諸語における、呼称、人称代名詞による不平等な軽蔑あるいは尊敬の表現について述べ、最後に「以上のようなわずかの例外をのぞくと、現代ヨーロッパの諸言語の敬語は、殆ど完全に、身分的なものではなく、親しさの程度によるものである。」と結んで、現代標準日本語と、西ヨーロッパ諸語の間に、身分か連帯的特徴(平等)かどちらを重視するかで差異を設けている。また、ネウストプニー(1970:32-33)では、標準日本語のイデオロギーになれた人物の英語コミュニケーションの特徴として、「日本語で目下とみられるような人に対する場合には、英語としては明らかに乱暴な態度が出ることがある。」とし、例として「店の売子」「掃除婦」「小使いさん」「若い助手」を、「同等な人間」、「平等に待遇」すべき人間としてでなく、日本標準語同様に下賎な存在として軽蔑することが見られると指摘している。

南(1987)では、この時期の日本標準語のイデオロギーにおいて待遇表現上、軽蔑されることが許されている対象として、南(1987:100-104)で、社会階層で劣った者、自分より出生が晩い者、組織の加入が晩い者、職位における被支配者、女性、マイノリティー、能力が劣った者、店員、物を借りたり頼んだりする側、教えられる側を挙げ、この内女性とマイノリティーへの差別(女性差別、人種差別)のみを「差別的上下関係」として、ほかは差別ではないとして分類している。また、南(1987:115)では、この時点での標準日本語では、貴賎や主従に基づく待遇表現が優勢であると主張している。南(1987:132-133)では、丁寧な待遇表現を用いることで却って話者の品格教養を誇示し、相手を軽蔑する表現にも触れている。

蒲谷他(1998:8-10)では、「ここではあくまでも、『社会における人間関係』を相対的に位置づけることに主眼があり、『上下関係』というよりはむしろ『人間関係』の相対的距離間を示すものであるということです。」「絶対的な上下関係があるというような考え方や、人間を上下関係で捉えるという見方とは全く相容れないものであることは、言うまでもありません。」と但し書きはつけているものの、現実には、P8で親疎関係をも上下に位置付けるよう転換すると宣言したうえで、P9-P10にあるその表において、人間を『+2』から『-2』 までのポイント制に基づく上下関係で捉え、後輩(後に入った者)を劣位者として位置づけ [20] 、日本標準語規範主義において設定される人間間の貴賎と主従の関係と、それに伴う貴賎と主従の関係を明示した日本標準語での規範的待遇表現の内容をそのまま再生産して、かつそれを整理して提示している。

蒲谷他(1998:208)では、「『あなた』には、(中略)『-1』の『相手』であっても粗末には扱わないといった機能などが中心になると言えましょう」と述べており、例として教師と学生、上司と部下を挙げ、支配する身分である前者が、後者に「あなた」を使うのは適切であるが、服従する身分である後者が、前者に「あなた」を使うことを、「対等の立場であることを特別に強調したい状況がない限り」と但し書きを付けてはいるものの、原則として、服従すべき身分であるにも拘らず、支配すべき身分である相手を「優位者」(支配者)と認めない反乱行為であるとして、「当然失礼な言い方」とする認識を示している。

蒲谷他(1998:208)では、「また、妻が夫を、『ねえ、あなた』などと呼ぶ場合には、やや親しみ(?)も込められていると言えますが、夫が妻を『おまえ』ではなく『あなた』と呼ぶ場合には、やや改まった感じで対等の立場であることを強調しているといった感じがあります。」と述べ、この時期の標準日本語における規範主義的な待遇表現で、夫婦は通常時対等な待遇表現をされず、妻は夫より下賎で服従する立場である待遇表現を受けるのが通則であるとの、日本規範主義文化における男尊女卑の主従関係を反映した待遇表現を通則であるとみなす認識が示されている。

三輪(2000:92-93)では、その当時の標準日本語についての認識を示したものとして、「日本語では、状況や場面によっては敬語に関して非相互的な事態が少なくない。目上[21]に対して丁寧な敬語を使う人が、目下[22]に対してはしばしばぞんざいになる。」「売買の場でも売る側が丁重な敬語体で話し、買う側が常語体で話すのは日本語ではしばしばあることだ。」「日本ではそれが許される、そうすべきだ、と考えている人が、女性も含めて、少なくない。」「時には、店員の極めて丁重な接客用語と、客の側の常語体との落差の激しさに、傍らで聞いていて聞き辛くなることもある。」と述べて、この当時の日本標準語において、買い手が支配者、売り手が服従者として待遇表現上位置づけられていたと記述し、併せてその後で、坂口安吾の「敬語論」(坂口:1948)で、物不足の際は売る側が支配者で、買う側が服従者と待遇表現上位置づけられていたと書かれていたとして紹介し、売り手買い手の間の現実の力関係がこの2つの現象を統一的に記述するために注目すべき点であると述べている。

また、三輪(2000:93-94)では、この当時の日本標準語の待遇表現についての認識を示したものとして、非相互的な敬語使用は、上司部下だけでなく、上級生下級生 [23] 、先輩と後輩の間にもあり、特に部活の先輩と後輩には顕著なようであるという内容を提示している。その後で、三輪は、「そして上に対して丁重な敬語を使うものは、往々にして下にたいしてぞんざい尊大な話しぶりになり、しかも下からは丁重な敬語を要求して、その些細な誤りでも咎めだてするところがある。日本語敬語は、上位者にとっては心地よい言語であろうが、下位者にとっては不愉快なことの多い言語である。上司・部下と先輩・後輩との言葉遣いの非相互性は、後輩が上司になったり、逆に先輩が部下になったりした時、双方にしばしば深刻な感情問題を引き起こすこともよく知られる。」と述べ、日本標準語規範主義待遇表現を、「日本語敬語」と位置付けて、その主従関係の明示性が、社会上屈服させられ劣位におかれた者の自尊心を傷つけることを指摘している。

標準韓国朝鮮語の場合編集

規範主義的な韓国朝鮮語の場合も、事情は規範主義的な日本語と類似している。李翊燮他(2004:220)では、「韓国語は位階秩序が厳格に反映される言語である」「日本語が大変よく似た水準であるだけで、細分化された敬語法で有名なジャバ語も、韓国語よりは遙に単純な水準に思われる。」として韓国語を日本語と同様、貴賎や主従という位階秩序が尊蔑に反映され、貴賎・主従・尊蔑の区別を厳密に義務付ける言語であると主張している。

また、李翊燮他(2004:221-223)では、規範主義韓国語の主たる二人称代名詞が5つ挙げられているが、/nɔ/(お前)、자네/jane/(君)、당신/daŋsin/(あんた)はすべて、相手の下賎を表示する待遇表現であり、わずかに/tɛk/(お宅)と어르신/ɔrɯsin/(旦那様)のみが、相手の下賎を表示しない丁寧な二人称代名詞である、としている。

これらのうち、は、最も話者にとっての心理的緊張の低い形式であり、対等な関係であれば最も打ち解けた表現で、対等な関係を保証しない場合は、相手に対しその下賎を強く表現する表現となる。李翊燮他(2004:221)では、幼い未成年者や自分の子供を呼ぶ、最も相手を軽蔑した言い方であるとしている。자네がそれに続くが、これは対等な関係であれば打ち解けた表現で、対等な関係を保証しない場合には相手を下賎だと見なしつつも、よりは相手の持つ力を重んじた表現である。李翊燮他(2004:221)によれば、小学校や中学校の教師が生徒を呼ぶ際にはで社会イデオロギー上許容されるが、大学教授と大学生/大学院生の場合、자네の方が望ましいと主張している。당신は、対等な関係であれば、やや古い世代の夫婦間などで用いられ、対等な関係を保証しない場合に相手を賎しいとして扱う二人称代名詞の中では最も丁寧であり、ちょうど上に挙げた、規範主義日本語の「あなた」に酷似している。

李翊燮他(2004:221-222)によれば、당신は、英語における二人称代名詞youの訳語としても用いられたり、不特定多数に向けた二人称としても用いられ、この際は下賎だと見なす意味は通常ない。これも規範主義日本語での「あなた」同様である。相手への呼称でも、優位者・支配者には、役割名称+/nim/もしくは、固有名称+/σi/を使い、対して劣位者・服従者には、役職名や固有名の呼び捨てで応じ、規範主義日本語と類似したやり方で貴賎と主従の関係を明示する。李翊燮他(2004:225-234)に、呼称による細かい差別について乗っている。

スピーチレベルでの差別では、李翊燮他(2004:247-260)は、その表現が相手に自身の優位と相手の劣位を表示することの多い、4スピーチレベルと、その表現が相手に自身の劣位と相手の優位を表示することの多い丁寧に分類される2スピーチレベルが区別されると主張する。また、主体や客体への心的態度を表す動詞も存在する。規範主義イデオロギーの中で軽蔑される対象としては、李翊燮他(2004:265-269)によれば、自分より出生順が晩い者、組織加入順が晩い者、女性、職位が劣っている者である。これらは、標準日本語のイデオロギーとも共通する。

植田晃次(2009:119-120)によれば、朝鮮民主主義人民共和国金日成は、「我々のことばは礼儀作法をはっきり表すことができるので、人々の共産主義道徳教育にも非常にいいのです」と意見を述べた。しかし、下に述べる西ヨーロッパ諸語や漢語諸語では、「共産主義」の道徳はむしろ不平等な待遇表現を是正する方向を掲げている。

韓国朝鮮標準語では、上に挙げたとおり、日本標準語同様、出生順が晩い者、とりわけ子供には軽蔑的な待遇表現が横行しているが、これも日本標準語同様であるが、必ずしも話者全員が、その標準的規範主義イデオロギーに基づく待遇表現に賛同しているものではない。たとえば、金成妍(2010:113-114)には、方定煥をはじめとする児童の権利擁護者たち[24]が、子供に敬語を用いて、対等な人格を認めていたことを記述している。

西ヨーロッパ諸語の場合編集

西ヨーロッパ諸語における軽蔑・服従の非対称な待遇表現は、例に事欠かない。西ヨーロッパ諸語では、呼称、選択する語彙、二人称代名詞の使用法、依頼表現などで相手への差別・軽蔑を明確に表現でき、実際にも使用された。Brown and Gilman (1960:255)では、西ヨーロッパ系言語における軽蔑表現の実例として、現代以前の諸例が挙げられており、例えばその中からの一例を引くと、15世紀のイタリア文学内で、キリスト教徒がユダヤ教徒やムスリム(オスマントルコ人)に対して、砕けた人称代名詞を用い、対して非キリスト教徒の側はこわばった丁寧な人称代名詞を用いており、結果として、現実世界で実際にそうであったかとは関係なく、作品世界上で非キリスト教徒への軽蔑を表現している。また、Brown and Gilman (1960:270) では、公民権運動以前の状態として、アメリカ南部ではアフリカ系アメリカ市民は西ヨーロッパ系アメリカ市民から個人名で呼ばれ、対して逆に相手を呼ぶときは「丁寧呼称Mr+家族名」で呼ぶことをわきまえるよう求められていたことを述べている。ただし、これらの待遇表現上の差別は、すべて現代西ヨーロッパ諸語では公的には消滅した。

現代西ヨーロッパ諸語で残っている待遇表現上差別として、主たるものはまず軍隊で、ここでは階級における支配者・優位者に対して、例えば英語であればSir/Ma'amを付け、対して相手はそれを付けない。また、学校、とりわけ高校以前での教師と学生の間での呼称・代名詞での非対称性がある。

たとえば現代イタリアでは、小学校時代は教師の名前を呼べ、Tuを使えても、中学校以降になるとLeiを使い、名前を呼べず、対して教師は学生をTuを使い、名前で呼ぶ。しかし、大学以降になると、多くの場合お互いLeiになり、名前を使わなくなるため、対称使用が原則となる。 現代ドイツでも、親称の二人称代名詞、Duで呼ばれ、敬称の二人称代名詞、Sieで返す、非対称な代名詞使用をしていた学生は、15〜16歳程度になると、教師からSieで呼ばれ、対称使用が原則となる。

英語圏では、人称代名詞ではなく呼称で差別が現れる。小中高と「Mr/Ms+家族名」で学生は教師を呼び、教師は基本的に個人名で学生を呼ぶ。しかし、ピンカー (2009:128-129) によれば、現代アメリカの場合では大学以降になると、とりわけ研究室に入り教師と仲間関係になると、お互い個人名を呼び合い、対称使用が原則となる。Brown and Gilman (1960:271) では、すでにこの時代から、お互いに個人名で呼び合うという大学の教師と学生との関係がアメリカで一定程度見られたことを記述している。次に子供と親との間の呼称の非対称性がある。Brown and Gilman (1960:269-270) では、この時点で、非常に革新的な親以外は、子供から個人名で呼ばれることを許容しなかったとある。ただし、代名詞に関しては基本現代西ヨーロッパ諸語では親子は平等であり、お互いに砕けた二人称代名詞を使うか、英語のようにyou一つで済ます。

漢語諸語の場合編集

現代漢語諸語のなかで、たとえば大陸中国の普通話では、()と(nín)の使い分けの非対称や、生まれた順番によるといった待遇称号の差別、職業に基づく呼称の使用の非対称、依頼表現の差異などがあるものの、大まかには待遇表現上の対称使用が中心である。これは辛亥革命から国共内戦、現代でのグローバル資本主義に至るまで、中国で儒教その他に基づく帝政時代の不平等な人間関係イデオロギーが、批判、撤廃されてきたことによる。しかし同時に、共産党一党独裁であるため、公的な場での権力者への尊敬を示す待遇表現は強く残っている。

旧帝政時代には、儒教の影響から、皇帝から平民に至るまでの身分と、生まれた順番に基づく権力配分、ジェンダーに基づく権力配分の下、非対称・差別的な待遇表現が多くみられた。日本語や韓国朝鮮語における漢語系の差別的な待遇表現は、これらに由来するものが多い。

セム諸語の場合編集

多くのセム諸語では、多くの欧米語同様三人称での性差別を有し、かつ多くの西ヨーロッパ諸語と違い二人称にも性差別を有するものの、狭義の丁寧さに関する限り、現代ヘブライ語では二人称単数はattah/atの1レベルしかなく、また、古典アラビア語でもanta/antiであって同様である。また、新妻 (2009:127-132) によると、古典アラビア語では、基本的に二人称への依頼・命令形は肯定1種類、否定1種類しかない。しかし竹田 (2010:103) によると、現代実際に口頭で使用される現代標準アラビア語では、許可や可能性を通じた相手への遠回しな要求の例が見られる。エジプト・アラビア語では、二人称代名詞単数独立形にinta/intiだけでなく、HaDritak/HaDritikという丁寧形が存在し、場合によっては優位者と劣位者の間で非対称、差別的表現が見られる。

標準ネパール語の場合編集

標準ネパール語では、カースト差別と年齢差別に基づく非対称な待遇表現が優勢である。Anna Siewierska(2004:229-230)が、Acharya(1991:108)を引用して示したテーブルによれば、カースト差別で軽蔑される順に、年齢差別で軽蔑される年が幼少な順に、非丁寧な待遇表現を甘受する必要がある。また、ネパールの旧王制を反映して、この記述の時点で王室メンバーにはsarkaarという特殊な人称詞が使われているとの記述がある。

脚注編集

  1. ^ 坂本恵「日本語表現における「待遇表現」の扱い方 (PDF) 」 、『日本語教育連絡会議第7回発表論文集』1994年
  2. ^ 国立国語研究所『敬語教育の基本問題(下)』p.1
  3. ^ 曽我 (1995) , p.15
  4. ^ 蒲谷・坂本 (1991) , p.26
  5. ^ 『世界大百科事典「敬語 - 林大」』
  6. ^ 蒲谷・坂本 (1991) , p.27
  7. ^ 蒲谷・坂本 (1991) , p.41
  8. ^ 例えば、相手が極丁寧な「でございます」「であります」や、丁寧な「ですます」を使うのに対し、粗末な「だである」で応じる。
  9. ^ 例えば、相手が「食べる」というところを、自分は「食う」と表現する。
  10. ^ 例えば、相手がいわゆる尊敬語(主体配慮語)や謙譲語(客体配慮語)を自分に使うのに、自分は相手に対してそれらを使わない。
  11. ^ 例えば相手が代名詞で自分を呼べず、普通名詞の職業名や「苗字+さん」などで呼ぶしかない状況で、自分は相手を代名詞、とりわけ蒲谷他(1998:207-208)によると比較的丁寧ではあるが対等からやや見下した代名詞である「あなた」、あるいはそれ以下の丁寧さしかない「君」「おまえ」等の代名詞で呼ぶ。縦えお互い代名詞で呼ぶ場合も、相手が「そちら」「そちらさま」「あなたさま」と呼ぶところを「あなた」、「きみ」、および「おまえ」で返す。
  12. ^ 例えば、相手が職業名で呼びかけているのに、相手の職業名を呼ばない。相手が自分を「さん付け」しているのに、自分は相手を「くん付け」する、あるいは名字や名前を呼び捨てる。また、相手が自分に「様」を使うのに、自分は相手に「殿」で返す。
  13. ^ 例えば、相手は自分に「〜してくださいませんか?」「〜していただけますでしょうか?」と依頼するのに、自分は相手に「〜やって」「〜しろ」「〜してください」等と依頼する。
  14. ^ 例えば、相手は最低レベルの好意への感謝についても「ありがとうございます」というのに、自分は同じような好意への感謝で「ありがとう」としか言わない。
  15. ^ 例えば、相手は最低レベルの権利侵害への陳謝についても「ごめんなさい」「すみません」というのに、自分は同じようなレベルの権利侵害への陳謝でも「ごめん」としか言わない。
  16. ^ 例えば、相手が「おはようございます」「お疲れ様です」と挨拶しているのに、「おはよう」「お疲れ様」とだけ返す。
  17. ^ 一例では、東京大学野球部は、「理不尽に厳しい上下関係はありません。」としつつも、「先輩や目上の人への礼儀は当然」とみなしており、「年齢に関係なく大学の学年に従い敬語を使います。」として、学年に基づく差別的待遇表現を「当然の礼儀」とみなしている。FAQ東京大学野球部、2012年2月7日付、2013年6月23日閲覧
  18. ^ 蒲谷は、『「敬語」を使うことに対して抵抗を感じるという声もよく聞く。アメリカからのある留学生は、サークルでの先輩後輩関係の敬語使用に対して嫌悪感を覚えると言っていた。上下意識への違和感以上に、自分の気持ちを偽り、演じる姿勢に対する抵抗があるということだった。』等と、最初に日本国の規範主義的待遇表現イデオロギーに違和感を覚える人間の意見を紹介した上で、『〈使いたくないけれども使わされている、自分の意思に反した表現をしている〉というのは、「大人」の態度であるとは言えない。』等と、日本国の規範主義イデオロギーの中で圧迫され、待遇表現上の劣位を強いられている者等を、『自己責任』であると突き離し、「『軽蔑している相手にも敬語を使っておけばいいんだ〉などと嘯いていることは、むしろ「子ども」じみた態度である。』等と、面従腹背を強いられている人間の内面も批判し、年齢差別的表現を用い、日本国の規範主義的な差別的待遇表現を擁護している。きもち・なかみ・かたち ~三位一体で「大人」の敬語コミュニケーション~新鐘72、Essay [コミュニケーション考現学]2005年10月29日付け、2013年6月23日閲覧
  19. ^ しかし、これについては実態の一部分しか見ていないという批判がありうる。当時よりさらに力関係や身分関係に基づく言語表現の弛緩が進んだ21世紀初頭の現代標準日本語でも、支配者・優位者が「だである」、服従者・劣位者が「ですます」を用いる非対称使用は、会社や学校、日常を中心に広く見られ、イデオロギー上ほぼ義務化されており、ネウストプニーの記述した状態とは大きく離れている。坂本 (2001) では、現在でも、部活動や職場での先輩(先に入った者)と後輩(後に入った者)との間で、後輩が丁寧表現を義務付けられているのを原則であると述べている。又、この論文を引用しつつ、井上他 (2006) でも、アンケートを取った結果として、同様に、後輩が丁寧表現を義務付けられることが原則・通例であることを述べている。
  20. ^ 蒲谷他(1998:8)では、後輩(後に入った者)を『-1』、先輩(先に入った者)を『+1』に位置づける場合があるとして、より明確に組織に入った順番で固定的な支配権ポイントを自動的に割り振る日本標準イデオロギーを述べている。
  21. ^ 支配者・優位者・尊敬の対象を指す日本標準語の用語
  22. ^ 服従者・劣位者・軽蔑の対象を指す日本標準語の用語
  23. ^ 学年という形で学習進度を図る学校での、学習進度の進んだ学年が上級生、進んでいない学年が下級生。語源上、名称に貴賎や主従が織り込んまれている。
  24. ^ この流れの発端を作ったことについては、天道教徒の影響が強かったことが、金成妍(2010:85)で述べられている。

参考文献編集

  • 曽我祐典「外国語教育と待遇表現 : 朝鮮語・フランス語」、『総研論集』第15号、関西学院大学、1995年、 15-30頁、2012年10月6日閲覧。 NAID 110000190898
  • 蒲谷宏、坂本恵「待遇表現教育の構想」、『早稲田大学日本語研究教育センター紀要』第3号、1991年3月25日、 23-44頁、2012年10月6日閲覧。 NAID 110000470367
  • Ammon, Ulrich (1972): "Zur sozialen Funktion der prono— minalen Anrede.” Zeitschrift für Literatur und Linguistik 2,73-88.
  • Acharya,Jayaray (1991) "A descriptive grammar of Nepali and an analysed corpus. Washington DC: Georgetown University Press.
  • Brown, R. and Gilman, A. (1960) The pronouns of power and solidarity. in Pier Paulo Giglioli (eds.) "Language and social context" (1972), 252-282. Penguin Books.
  • 井上逸平、土井康瑛、松永英美子、内藤篤志、友成亮太、小西麻亜耶、寺西三希子(2006)「コミュニケーションの生態系-現代日本の若年層の言語使用を中心として」慶應義塾大学日吉紀要. 言語・文化・コミュニケーション No.36,1-16.([1])横浜、慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会.2012年10月19日閲覧.
  • 蒲谷宏、川口義一、坂本恵(1998)『敬語表現』東京、大修館書店.
  • 金成妍(2010)『越境する文学-朝鮮児童文学の生成と日本児童文学者による口演童話活動』福岡、花書院.
  • ネウストプニー(1974) 「世界の敬語」『世界の敬語-敬語講座8』7-42.東京、明治書院.
  • 新妻仁一(2009)『アラビア語文法ハンドブック』東京、白水社.
  • 南不二男(1987)『敬語』東京、岩波書店
  • 三輪正(2000)『人称詞と敬語-言語倫理学的考察』東京、人文書院.
  • ピンカー、スティーブン(2009)『思考する言語(下)-「ことばの意味」から人間性に迫る』東京、日本放送出版協会.
  • 坂口安吾(1948)「敬語論」『坂口安吾全集15』(1991)東京、筑摩書房.
  • 坂本恵(2001)「『敬語』と『敬意表現』」『日本語学』Vol20,2001年4月号.14-21.東京、明治書院.
  • Siewierska,Anna (2004) "Person".Cambridge textbook of linguistics.Cambridge: Cambridge University Press.
  • 竹田敏之(2010)『ニューエクスプレス-アラビア語』東京、白水社.
  • 植田晃次(2009)「「朝鮮総連語の基礎的研究-そのイデオロギーと実際の重層性」『正しさへの問い-批判的社会言語学の試み』新装版、111-147.東京、三元社.
  • 山下仁(2009)「敬語研究のイデオロギー批判」『正しさへの問い-批判的社会言語学の試み』新装版、51-84.東京、三元社.
  • 山下仁(2012)「呼称表現の研究からポライトネスの対照社会言語学的考察へ」([2]、2012siryou2.pdf)大阪大学.2012年10月19日閲覧.
  • 李翊燮、李相億、蔡琬(2004)『韓国語概説』前田真彦(訳)、梅田博之(監修).東京、大修館書店.
  • 佐々木瑞枝(1994)『外国語としての日本語-その教え方・学び方』東京、講談社.
  • 趙鯤(2015)『待遇表現と『囲城』の世界-日本語翻訳との比較文化的考察』東京、めるくまーる.
  • 山崎久之(2004)『国語待遇表現体系の研究-近世編』東京.武蔵野書院.

関連項目編集