メインメニューを開く

後志自動車道

日本の北海道を通る高速道路

後志自動車道(しりべしじどうしゃどう、SHIRIBESHI EXPRESSWAY)は、北海道虻田郡倶知安町から同小樽市へ至る、高速道路である。略称は後志道(しりべしどう、SHIRIBESHI EXPWY)。高速道路ナンバリングでは黒松内新道札樽自動車道とともに「E5A」が割り振られている。

高速自動車国道
一般国道自動車専用道路 (A')
(有料/無料)
後志自動車道
E5A 後志自動車道
地図
路線延長 62.4 km
開通年 2018年 -
起点 虻田郡倶知安町
主な
経由都市
岩内郡共和町余市郡仁木町、余市郡余市町
終点 小樽市小樽JCT
接続する
主な道路
記法
E5A 札樽自動車道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

札樽自動車道道東自動車道十勝オホーツク自動車道などとともに、法定路線名の北海道横断自動車道の一部を構成する。倶知安 - 余市間は高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路の「国道5号倶知安余市道路」として整備中。

概要編集

後志・道央地域などの連絡の強化を図り、沿線地域の安全・安心を確保するとともに、産業・経済・観光等の発展に資する高規格幹線道路である。並行する国道5号には事故危険区間が多く、余市町 - 小樽市の区間は大規模地震による津波の影響を受けやすいため、その代替路として余市IC - 小樽JCT間が2018年に整備された。また、有珠山樽前山などの噴火災害時の代替路確保という側面もある[1]。さらに、国道5号の倶知安 - 余市間には国際コンテナの通行を支障する狭いトンネルが存在するため、その別線として倶知安IC - 余市IC間(倶知安余市道路)が整備中、2025年度に供用予定[2]

開通済区間である小樽JCT - 余市ICは東日本高速道路の管轄で、未開通区間(倶知安余市道路)は高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路として、北海道開発局が主体となり事業が進められている。なお、小樽JCT - 余市ICの開通をもって北海道の東日本高速道路管轄の高速道路は全線開通した。

インターチェンジなど編集

ここでは、IC番号、キロポストに従い、小樽JCT→倶知安ICで記述する。なお、IC番号は札樽自動車道の終点小樽ICからの続き番号となっている。

IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
備考 所在地
E5A 札樽自動車道に接続
9 小樽JCT E5A 札樽自動車道 0.0 札樽自動車道朝里IC方面から後志自動車道へは移動不可。 後志総合振興局 小樽市
12 小樽塩谷IC 道道1173号小樽塩谷インター線 14.3
13 余市IC/TB 道道753号登余市停車場線 23.3 本線料金所あり 余市郡余市町
- 仁木IC 余市郡仁木町
- 仁木南IC 国道5号
道道1022号仁木赤井川線
- 共和IC 国道5号
国道276号
50.9 岩内郡共和町
- 倶知安IC 道道58号倶知安ニセコ線[3] 62.4 虻田郡倶知安町
基本計画区間(黒松内方面)

歴史編集

路線状況編集

車線・最高速度編集

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度
小樽JCT - 余市IC 2=1+1(暫定2車線) 70 km/h
  • 小樽塩谷ICの前後には追越車線(延長2,400 m)が設置されている。

道路施設編集

トンネル編集

  • 新光トンネル (450 m)
  • 天神第二トンネル (2,829 m)
  • 天神第一トンネル (500 m)
  • 天狗山トンネル (2,978 m)
  • 小樽忍路トンネル (320 m)
  • 船取山トンネル (140 m)
  • 蘭島トンネル (910 m)
  • 余市小樽トンネル (300 m)

トンネルの数編集

区間 上り線 下り線
小樽JCT - 小樽塩谷IC 4
小樽塩谷IC - 余市IC 4
合計 8

※トンネルのある区間は暫定2車線の対面通行であるため、上下線で1本のトンネルとなっている。

道路管理者編集

交通量編集

24時間交通量(台) 道路交通センサス

区間 平成27(2015)年度
余市IC - 小樽塩谷IC 調査当時未開通
小樽塩谷IC - 小樽JCT

(出典:「平成27年度全国道路・街路交通情勢調査」(国土交通省ホームページ)より一部データを抜粋して作成)

地理編集

通過する自治体編集

※括弧内は未開通区間。

接続する高速道路編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集