メインメニューを開く

後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)は、飛騨山脈(北アルプス)のうち黒部川の東側に連なる群。黒部川を隔てて立山連峰と対峙している。

後立山連峰
後立山連峰
後立山連峰と仁科三湖(解説画像
所在地 富山県新潟県長野県
位置 北緯36度37分28秒
東経137度44分49秒
上位山系 飛騨山脈(北アルプス)
最高峰 白馬岳 (2,932m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

後立山連峰の山稜に沿って、富山県新潟県県境、および富山県と長野県の県境が設けられている。その最高峰は、標高2,932 m白馬岳である。山の上部は森林限界高山帯ハイマツなど高山植物の群生地があり、ライチョウの生息地となっている。

後立山連峰の北端は、旧北陸道最大の難所とされた親不知断崖となって日本海に落ち込んでいる。南端は諸説あるが、一般的には針ノ木岳蓮華岳の間の針ノ木峠が南端とされている。その先で裏銀座へと稜線が連なる。東側がフォッサマグナの大断層の急峻な地形で、西側は緩やかな斜面である非対称山稜となっている[1]。東斜面には白馬大雪渓や針ノ木雪渓などの万年雪となる谷部がある。

「後立山」という名称は、立山の背後にあることを意味するもので、越中国(富山県)側から見ての呼称である。越中の古文献に「後立山(ごりゅうざん)」という山名があり、これは今の鹿島槍ヶ岳であるとされている[2]。立山は古来より信仰対象とされていたが、それに比べると後立山連峰の山は宗教色が薄い[3]

1584年天正12年)佐々成政が積雪期に針ノ木峠を越えた記録がある[1]。1640年以後に加賀藩による奥山廻りの記録がある。1880年には、後立山連峰を横断する有料道路立山新道)が開通したが、2年のシーズンのみ営業を廃止した。1934年(昭和9年)12月4日に、長栂山の北側の特別天然記念物「白馬岳連山高山植物帯」から南部の山域が、中部山岳国立公園に指定された[4]。親不知から針ノ木峠までの主稜線には、ほぼ尾根伝いに登山道が整備されている。親不知から朝日岳までの北部の登山道は栂海新道と名付けられている[5]。各要所には山小屋や避難小屋が整備され、白馬岳山頂直下にある白馬山荘は日本最大規模の収容能力があり、多くの登山者が訪れる[6]

主な山編集

北アルプス・後立山連峰の地形図
※表示環境によっては文字がずれることがあります
 
親不知上空近辺より見る後立山連峰
山容 名称 標高
m[7]
三角点等級
基準点名[8]
白馬岳からの
方角と距離 (km)
備考
  白鳥山 1,286.9 三等「しな谷」  北北西 21.1 白鳥小屋
  菊石山 1,209.8 三等「法り込」  北北西 19.0
  犬ヶ岳 1,592.5 二等「犬ケ岳」  北北西 16.9 栂海山荘
  風吹岳 1,888  北東 9.5 風吹大池
  朝日岳 2,417.97 二等「雪倉」  北北西 8.0 日本三百名山
朝日小屋
  乗鞍岳 2,469  北東 4.9 白馬大池の東
  雪倉岳 2,610.87 三等「六兵衛」  北 4.0 日本二百名山
雪倉岳避難小屋
  清水岳 2,603  西 3.6 (しょうずだけ)
  鉢ヶ岳 2,563  北北西 2.5 長池
  小蓮華山 2,766  北東 2.3 山頂部崩落
  白馬岳 2,932.24 一等「白馬岳」   0 後立山連峰の最高峰

日本百名山
白馬山荘白馬岳頂上宿舎

  旭岳 2,867  西 1.1
  杓子岳 2,812  南 2.0
  鑓ヶ岳 2,903.11 三等「鎗ケ岳」  南 3.0 白馬鑓温泉
  不帰岳 2,053.5 三等「狢谷」  西 6.1 (かえらずだけ)
不帰岳避難小屋
  唐松岳 2,695.8 二等「唐松谷」  南 7.9 日本三百名山
八方尾根、唐松岳頂上山荘
  白岳 2,541  南 10.4 遠見尾根、五竜山荘
  五竜岳 2,814  南 11.1 日本百名山
  鹿島槍ヶ岳 2,889.08 二等「鹿島入」  南 14.9 日本百名山
キレット小屋
  爺ヶ岳 2,669.82 二等「祖父岳」  南 18.9 日本三百名山
種池山荘・冷池山荘
  岩小屋沢岳 2,630.3 三等「西岳」  南南西 20.5
  鳴沢岳 2,641  南南西 21.8 新越山荘
  赤沢岳 2,677.8 三等「牛小屋沢」  南南西 22.7
  スバリ岳 2,752  南南西 24.6
  針ノ木岳 2,820.6 三等「野口」  南南西 25.3 日本二百名山
針ノ木小屋

地理編集

 
黒部川源流部
右上、鹿島槍ヶ岳のある山稜が後立山連峰

山脈を貫く唯一のトンネルは、関西電力黒部ダムを建設する際に掘削した関電トンネルである。現在は立山黒部アルペンルートの観光用の関電トンネルトロリーバスの専用道となっている。

源流の河川編集

山脈の西及び東側には以下の源流となる河川があり、分水嶺となっている。これらの河川はすべて日本海へ流れる。

スキー場編集

日本海側の豪雪地帯の地域があり、長野県側の東斜面には以下の多くのスキー場がある。

周辺の温泉編集

山腹には以下の温泉がある。

関連画像編集

五竜岳からへ杓子岳へ連なる稜線
白馬村北城より望む

後立山連峰北部(解説あり)
入善町より望む

立山連峰と後立山連峰
黒部川河口より望む

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『コンサイス日本山名辞典』三省堂、1990年10月、p.57。ISBN 4385154031
  2. ^ 深田久弥『日本百名山』朝日新聞社、1990年12月、pp.183-184。ISBN 4022608714
  3. ^ 『日本の山1000』山と溪谷社、1992年8月、pp.374-375。ISBN 4-635-09025-6
  4. ^ 中部山岳国立公園区域の概要”. 環境省. 2011年8月4日閲覧。
  5. ^ 小野健『栂海新道を拓く 夢の縦走路にかけた青春』山と溪谷社、2010年11月。ISBN 9784635330473
  6. ^ 白馬村山岳情報”. 白馬村 (2011年7月29日). 2011年8月4日閲覧。
  7. ^ 日本の主な山岳標高”. 国土地理院. 2011年8月4日閲覧。
  8. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年8月4日閲覧。

関連書籍編集

  • 中西俊明『白馬・後立山連峰』山と渓谷社〈ヤマケイ アルペンガイド9〉、2008年5月。ISBN 9784635013536
  • 藤瀬親実『山河光彩〈4〉後立山連峰―藤瀬親実写真集』ほおずき書籍、2008年7月。ISBN 9784434120398
  • 『白馬岳』昭文社〈山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757746
  • 『鹿島槍・五竜岳』昭文社〈山と高原地図 2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757753

関連項目編集